So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

お気に入りの手ぬぐいにこだわる [着付け]

こんばんわ。

今日は夏休みの最後の日で、
暑い暑いといいながらも、

やらなければならないことをためていたので、
しかたなく、暑い暑いといいながらやりました。

大モノの洗濯とか、繕いモノとか、
夏物の着物を片付けるとか、です。

夏物は、「お盆を過ぎたら上布も着ない」なんて、
無理なことはしないのだけど、

あまりにも放置しすぎたので、たたむのです。

そもそも、夏でも絹の着物は洗ったりしないから、
本当は、本当は、最も楽なはずなのに、

「洗わなくてもよい」ということは、

「洗わない」という行為よりも、、
その印象の方が、現実的でないような気がしてます。

とにかく、汗を飛ばして乾かすことが大切で、
脱いだらすぐに干しますです。

衣紋掛けに干しておくだけで、本来なら
次の日にしまえばいいのだろうけど、

itomakiは、汚れとかもゆっくり見たいという理由から、
ついつい、干しっぱなしにしてしまいます。

干しっぱなしにしても、すぐしまえばいいのに、
汗や食べこぼしチェックをそこからして、

ベンジンなどを使って汚れを落としてから、
また干してしまうので、

更にしまうのが遅くなってしまうのです。
ホント、だらしない(笑)


えーと、今年の2月に参加した
「着物デザイン講座」で知り合いになった方と、

着物の時に下着をどうしているか?の話を
ランチの時にしていました。

itomakiは、最近年をとってきて、
太ったり、胸の位置が下がってきたりして、

どうも、着姿に納得できなくなってました。

そのお友達は、スポーツ用品の開発をしていて、
発汗性の良い素材で、下着を作ってほしいと、

頼んでみましたが、
化学繊維は磨れるので、良くないと断られて、

晒(さらし)で作るのが一番良いと教えてもらいました。

晒でブラジャーを作るなんて、
最も苦しいような気がして、信じられませんでしたが、

モノは試しで作ってみようと思い、
言われたように白い晒とマジックデープで作ってみたら、

まぁまぁ、形になって満足して使っていたら、

しばらくしたら、そのお友達からラインが来て、
「itomakiのことが気になっていたから」と言って、

作り方を書いてくれたんです。
そしたら、その中の一番初めに大変重要な事として、

お気に入りの手ぬぐいで作る

と書いてあったんです。白い晒でなんて作っては、
完成したとはいえないと思い直して、

お気に入りの手ぬぐいを探しはじめたのだけど、
なんと[exclamation×2]、1枚では足りないことに気付いて、

諦めていた矢先、切り売りの反物をみつけたんです。

DSC_1546.JPG

本来なら、矢印のあたりが手ぬぐいの長さだけど、
欲張りだから、さらに多めに購入(笑)

多く買った部分も、汗取りとして使えるように工夫し、
やっと完成しました。

屈折半年(笑)

DSC_0037.JPG

今度の女子会は、これで完璧です。

組紐の先生が、先日の浴衣パーティのブログを 書きましたので、張っておきます。

またね。
nice!(4)  コメント(1) 

押しかけ結城紬鑑定 [着物のこと]

こんばんわー。

暑い日が続いています。
猛暑より暑いのは、酷暑っていうみたいですね。

エアコンのない生活をしているitomaki家では、
ホントに、生死にかかわるような暑さです。はい。

セミは、やっと鳴きだしたみたいです。
ミンミンも、カナカナも、夜まで鳴いてます。


地元では、8月の第一週の金土日が、
夏祭りと決まっていて、だから、ちょっと浮かれて、

変な買い物をしてしまいました。

それは、「橘流寄席文字」で
提灯に名前を入れてくれるというもの。

地元の提灯屋と、地元出身の「橘 吉也さん」のコラボで、
お祭りの日が引き渡しだから、なのだけど、

DSC_1630.JPG

こんな感じ。
「やま貴」とは、父の呉服屋の店の名前で、

(勝手にだけど)itomakiがもらうことにしたので、
その記念に、作ってみました。

名刺も作りたいのだけど、作り方を知らないので、
どうしたらよいのか、検討中なんです。


さて、先週のことなのですが、
結城に住むお友達が、遊びに(?)来たんです。

そのお友達は、本場結城紬の織元をしていて、
伝統工芸士の資格も、最近とったのですが、

ちょっと、itomakiとは意思の疎通が悪くて、
本当は、itomakiが、結城にいくはずだったのに、

約束の日の朝、突然電話がきて、
「やっぱり、自分がitomaki家に行く」というので、

「えぇぇぇーー?」っつって、ビックリして、
まぁ、いいか!つって、お待ち申し上げていた訳なんです。

itomakiが、そのお友達のお家に行きたかったのは、
真綿をもらうためです。

真綿とは、繭を茹でて、広げて、5枚くらい重ねたモノ。

DSC_1570.JPG

それを何に使うのかというと、
今、リメイクしている帯の帯芯に貼るためなんです。

昔の帯は、なぜか帯芯に真綿が入っていて、
(↓ 昔の帯芯)


DSC_1618.JPG

独特の雰囲気は、この真綿によるものではないか?と
苦肉の策を考えたためで、

真綿を譲ってもらいに行こうと思ったけど、
持って来てくれることになりましたのです。

アンティーク帯だと現代の帯芯は、帯芯ばかりピンとして、
バランスが悪いような気がしていたんです。


お友達は、itomaki母が、2年前のキモノジャックで
着たいた結城紬が、良いモノだったから、

もう一度見て、復元してみようかと企んだらしく、
それを目的に、itomaki家に来たのですが、

近くで見たら、思ったモノではないと言っていたけど、
写真はやたら撮ってはいて、果たしてどうなのかな?


そのあと、「結城紬の糸作りを実演してあげる」と、
突然張り切りだして、

友達を呼べ!とか、コレを持っていろ!とか、
説明をしてあげるから、ツイートしろ!とか、

もうぅぅ、自分勝手だなー、と思ったりしました。

DSC_1567.JPG

そして、やりたいことをやって、帰って行きました。

その日の夜に、お友達のツイートやface bookをみたら、

「結城紬を鑑定依頼された」とか、
「糸作りを教えてあげた」的なニュアンスの記事だったので、

何しに来たんだろ?って、ちょっと思ったりしました。

よって、一週間遅れましたが、
itomakiのツイッターにも、動画を載せましたので。

よけれれば、itomaki07のアカウントで、
糸作りを見て欲しいと思います。

またね。
nice!(7)  コメント(8) 

浴衣パーティに行きました [平和ネタ]

こんばんわ。

暑い日が続いていましたが、
この3日くらいは、すこーし過ごしやすいです。

台風が、今までにない進路で日本に近づいて、
西日本豪雨で被害を受けた地区にも、

いつもとは違うルートで近づいたというニュースで
世間が騒いでします。

セミも相変わらず、鳴かないような気がしてますが、
数匹は声をきいたように思います。


そんな中、itomakiの組紐の先生が毎年主催している
「浴衣でぃと」なるパーティに行ってきました。

今年で4回目になる、このパーティは、
毎年お誘いを頂いているのですが、

itomakiのお友達の居酒屋で主催している
「立川志の八落語会」と

何故か、毎年よーくかぶるので、

参加できないでいたのですが、

今年は、都合で志の八さんが来ないので、
浴衣のパーティに参加できた、という訳なんです。

普通に(?)結婚式場でお料理がコースで出て、

DSC_1608.JPG

その他に、太鼓の演奏とか、

DSC_1596.JPG

風呂敷やさんの実演とか、

DSC_1607.JPG

そんな感じの余興が盛りだくさんで
退屈しないパーティでした。


そして、このパーティーには、
ベストドレッサー賞があるのを知っていたので、

itomakiは、少し前からコーデを考えていて、
浴衣のパーティだから、気張り過ぎては浮いてしまうと思い、

でも、まともな浴衣を持っていないので、
絹紅梅を着物風に衿をつけて、

DSC_1589.JPG

帯は朝の金魚の刺繍帯にしました。

DSC_1591.JPG

でも、ベストドレッサー賞にはなれませんでした。
残念・・・。

まぁ、iotmakiの浴衣の良さを
分かった人は、いなかったな・・と、

負け惜しみを書いておきます(照)

1532865008852.jpg

帰りに、一緒に参加したお友達と
先生と一緒に写真をとってもらいました。

先生は、加賀っぽい訪問着

お友達は、夏の黄八丈と麻の帯。
麻の帯は、カエルが描いてあってカワイかったです。

またね。
nice!(8)  コメント(10) 

独り歌舞伎デビュー [平和ネタ]

こんばんわ。

暑い日が、本当に暑い日が続いています。
今年の暑さは、異常ですよねー。

何日も連続で、こんなに暑いなんて。
梅雨があけても、ジメジメだし。

今年、セミが鳴かないのは、暑すぎて
土から出てこれないから、という噂は本当なのだろうか?


そんな中、母からもらったチケットを持って、
独り、歌舞伎に行ってきました。

ランチは、東京のお友達と、
人形町のブルーナリー人形町というお店で、

ゆっくり食べることができました。
写真を撮ってもらおうと思っていまいたが、

話に夢中になってしまって、忘れてしまったので、

歌舞伎座前で、頑張って自撮りに挑戦しましたが、

DSC_1537.JPG

シャッターを押すタイムミングと、

DSC_1538.JPG

シャッターの落ちる時間を、

DSC_1539.JPG

上手く把握できなくて、

こんなんばっかりになったので、諦めました。

演目は、海老蔵さんの「源氏物語」

DSC_1543.JPG

うーん、うーん、どうなんだろ?これは。

「傑作というのは、沢山の新作から生まれるので、
こんなのもありかなー?」という、

帰る時に後ろで話していた女性の言葉が、
すべてを物語っている、と思いますです。

オペラ、能、華道などをとり入れたのは、
たいへんだったと思うし、お察ししますけど、

源氏の君の哀愁をオペラで表現するのは、
itomakiには、難しすぎて、ちょっと・・・でした。


今月は、誕生月で、お友達がかわいい画像をくれました。

received_1737840192976871.jpeg

またね。
nice!(7)  コメント(2) 

新盆だから羽織紐を組む [平和ネタ]

こんばんわー。

今日は三連休の二日目で、
全国で猛暑だったようです。

西日本の豪雨の災害でも、
この暑さのために、後片付けが大変みたいです。

暑くても寒くても、ダメですねー[もうやだ~(悲しい顔)]


えーとね。itomaki家は、今年は新盆です。
お父さんが死んでしまってから、もう10か月。

いまだに信じられないような時がしますけど、
もう、いないんだなーと思う時もあります。

今週は火曜日くらいから、バタバタと
新盆見舞いに来てくれるだろう、お客様の準備をしたり、

お返しや、お茶菓子、冷たいお茶を買いに行ったりして、

金曜日の午後は休暇をとって、
父をお墓に迎えに行ったりしました。

そして、あっという間に、今日になってしまって、
先ほど、送ってきました。

お盆の3日間は、お客さんなんて、
そんなに来ないだろうから、ヒマだろう思っていて、

でも、実家にいなければならないから、
組紐でもしてようかなー、と思ったりして、

カチャカチャと羽織紐を組んでいました。


羽織紐と言えば、昨年の父の日に間に合わせて、
何とか贈ることができた、男物の羽織紐は、

DSC_1528.JPG

その時のブログー羽織紐を結べる男ー (リンク付いてます)

結局、父は付けることはなかったけれど、
残った糸を使って、

女物の羽織紐を作ろうと思いつき、
この、新盆の待ち時間に、仕上げることができました。

準備の途中で、残った糸が短いことに気が付いたので、
途中から組み方を変えて、苦肉の策で三つ編みに(笑)。

違う色の糸と組み合わせて、こんな風にしました。

DSC_1529.JPG

父にプレゼントした羽織紐は、
相続の都合上、一応、母のモノとなったけど、

母は使わないであろうから、どうしようかな?

DSC_1531.JPG

それより、昨年のブログを読み直したら、
この時点ですでに、女性用の羽織紐を作って、

お揃いで母にプレゼントしよう、と書いていて、
すっかり忘れていたみたいで、都合よく考え直してました。

ふふふ。

それより、明日は着物で上京だから、
何を着ようか、考えなくては[ひらめき]

あーぁ、父は、ちゃんと帰っただろうか?
居て欲しいけど、居てもらっては困るのだよな(笑)

またね。
nice!(7)  コメント(6) 

雅楽を聞きに行きました [平和ネタ]

こんばんわ。

いやー、暑いです。
早々と梅雨が明けたのはいいけれど、

カラッとしてくれないので、困ります。

この時期のお楽しみは、ばーちゃんの作った枝豆なのだけど、
今年は、花の時期に雨が降らなくて、

よく実が入ったと思っていたのに、
最近は雨が降らなかったから、葉が黄色くなってきてしまって、

毎年より2週間以上の、早い収穫となりました。

DSC_2786.JPG


あの、パソコンがね、勝手に何かを読み込んだり、
更新したりしてしまって、

今まで使っていた写真のサイズの編集ができなくなって、
とてもムカついています。

私のペイント返して!!

だから、写真のサイズがヘンテコなんです。
徐々に慣れるようにしますです。


はい、それで、水戸芸術館の七夕イベントで、
「今昔雅楽集 七夕の宴」に行ってきました。

雰囲気だけでチケットを買ったのですが、
なかなかヨカッタです。

雅楽って、儀式のときにしか使わないと思っていてけれど、
平安の時代には、普通の(貴族の)人は、

楽しみに歌ったり、踊ったりしていたらしいです。

1460_3rd_main[1].jpg

youtubeとかで「越天楽」と検索すれば、
きいたことのある雅楽を実感できると思います。

こんな風に床に座って、演奏するなんて、
今までにないパターンだけれど、

けっこう、すんなりと受け入れてしまえていて、
ずーっと、ずーっと聞いていたい気持ちになりました。

衣装も面白いし、装束っていうのかな?

なんか、こう、つかみきれないリズムは、
4拍子とかじゃないからかもしれません。

たぶん、5拍子とか、6拍子とかで、
あっいう間の2時間でした。

太鼓も、弦楽器も、管楽器もすべて独特。

この音楽しか知らなかったら、
今の、ヨーロッパとかの楽団の音楽って、

なんて、リズミカルで乗りやすいんだろうって
思うと、思うし、文化の違いを感じられました。

もう少し、現代にも親しまれて、残っていてもいいのに、
もったいないと思う反面、

ゆっくり過ぎて、はしゃげない音楽。
平安時代の人が、今の音楽を知ったら、

かなり、かなりビックリすると思いました。

だから(?)、もっと聞きたくて、
CDを買ってしまったのですが・・[るんるん]


itomakiは、ずっと前に
薬師寺の塔のてっぺんに付いている飾りの、

suien[1].jpg

下の方に、笛を吹いている彫り物は、
当時の、どんな音楽を奏でていたのか?

という、記事を読んだことがあって、

さっき調べたら、薬師寺の東塔のてっぺんに、
火災から守るための「相輪」という飾りらしいのだけど、

o0600080012697869270[1].jpg


その、音色は、どんなもの?って、
当時は、考えもつかなかったけれど、

もしかしたら、

今回のこの、コンサートのような、
音楽だったのではないかなーー?と、

想像したのでした。はい。

もちろん、着物で行きました。

桐生のお召と、百合の絽の帯。
どちらも、アンティーク。

DSC_2792.JPG

今回のコンサートは、着物率が高かったと思われますです。

またね。



nice!(8)  コメント(6) 

アンティーク帯リメイク① [山本和裁研究学院]

こんばんわー。

いつの間にか梅雨も明けていて、
6月中に梅雨が明けたのは、

観測史上、初めてなのだそうで、
この先、絶対雨が降るだろうから、

そこまで「梅雨」にしてしまえば、
あとの言い訳になるだろうに、なんて、

誰をかばっているのか、そんなことを考えてます。


えーと、和裁学校(夜間部)には、ちゃんと通っているけど、
先生(母)が、なかなか教室に来てくれなくて、

自己流のリメイクになりつつあるのだけど、
信用できる和裁友のアドバイスを100%信用して、

がんばっておりますです。

先生がなかなか教室に来てくれないから、

単衣の羽織(袷の着物からのリメイク)と、
単衣の紬(多分結城縮)が放置されています。

それでも今週も、先生は来てくれなかったから、
新たなリメイクに手を出してしまいました。

この帯は、今年の春に何度か締めたけれど、

IMG_20180310_180654.jpg

帯が短くて、お太鼓の柄が上手く出なかったり、

お太鼓が小さくなってしまったりして、
可愛いのに、納得できる帯結びが出来なかったから、

羽織を着て、ごまかしながら着ていたから、
思い切って解いて、クリーニングに出してみたのです。

クリーニングのお兄さんは、
きもののクリーニングを売りにしているくせに、

itomakiのこの帯を薄いから、という理由で
夏物の袋帯という料金で請求してきたので、

冬物の、普通の名古屋帯なのにって思ったり、

出来上がりも、メインの柄でない所を指して
「キレイになりました」などど言ってくるので、

裏なのだから、汚れなくて当然だろ!と
言いたくなったけれど、

いつも、文句ばかり言っている客と思われているだろうから、
ぐっとこらえて、お礼を言って帰ってきて、

クリーニングはプロでも、
着物はやっぱり難しいのだろうと、

優しい気持ちになりながらも、
イライラがつのるitomakiだったのであります。

いつも、イライラして、更年期だったらどうしよう・・・[ふらふら]


今まで、この帯のたれの所にある、織り止めの模様が
中途半端なところにあるのが気になっていて、

DSC_2750.JPG

せっかくなので、織り止めの模様が、
お太鼓の中に入るように縫い直したいのだけど、

なにぶん、アンティークだから、
色あせだけはどうしても隠すことができなくて、

DSC_2751.JPG

仕方がないので、
裏の部分(丁寧にクリーニングしてくれた部分)を切り貼りして、

DSC_2754.JPG

出来上がりが、こんな風になるように改造しました。

DSC_2752.JPG

新しい帯芯で縫いあげるつもりですが、
アンティーク風になるように、

帯芯に綿を張ってみようかとたくらんでします。

それは、まだやっていないので、次回にします。


DSC_2760.JPG

昨日は、久しぶりに着付け教室をしました。
浴衣の着方で、久しぶりに半幅帯をしめました。

またね。
nice!(9)  コメント(8) 

思いこみが激しいから [平和ネタ]

こんばんわー。

季節は梅雨真っ最中で、
徒歩通勤のitomakiは、天気予報に一喜一憂しています。

テレビは、ワールドカップ一色で、
それ以外はニュースにもならない勢いです。

サッカーは面白いのかもしれないけど、
ルールとかもよく知らないから、

なんか・・なんか・・よくわからないのです。はい。


えーと、少し前の事なのですが、
頼まれて、着付けをしてあげたことがあったのですが、

あ、これは、悪口ではなくて、世間話なのですが(笑)、

若い娘が、洋装用のブラジャーをしていたので、
「このままでいいですか?」と聞いたら、

「和装用のブラジャーを忘れてきてしまったので、
補正でカバーするしかナイですよね?」と言い切られて、

別にナイ訳ではないけど、
どこから説明すればいいのだろう・・・・?

それに、こんな、二十歳そこそこの女の子が、
そんなこと言うんだ[がく~(落胆した顔)]カワイクナイわっ。

そして、その言い方になぜか、
ムッとしてしまったitomakiなのであります。

もちろん、itomakiが、自分の思うように着付け出来ないから
イラっとしているのだけど、

モリモリに補正して太らせて差し上げようかと、
意地悪な考えが頭をよぎりました。

でも大丈夫。itomakiは、大人な対応ができたわー。

今までitomakiが着付けをした中で、同じ状況なら
「とった方がいいですか?」という娘が多かったなー。

和装用のブラジャーを忘れた時は、
補正で凹凸を埋めるしかないと思っているのかな?

少し話を聞いたら、普段から着物をきていて、
着物には慣れていると言っていたけど、

それなら、なおさら、理解できないな。

だいたい、何で着せてもらっているんだ?
自分で着ればいいじゃん。

でもまぁ、それぞれに、理由はあるのだろうから、
どうして自分で着ないの?なんて、聞かないし、

下着のことも、若いお姉さんなのだから、
いろいろこだわりとか抵抗とかあるのだろうと察して、

イライラを飲みこんだのだけど、

その後も、言葉の端々に、あれ?あれ?と思うことが続いて、
ついには

「着物は、どんな体型もカバーできる万能なものですよね?」
なんて、言ってきたので、

着物の仕事をしているitomakiに気を使ったのか?
イラッとしているのを気付かれてしまったのか?って、

逆に焦ってしまったんです。

「そうですよね」って、答えたけど、
どうすりゃいいのさぁ、この私(夢は夜ひらく―)

えーと、おばさんのitomakiから言わせてもらうと、
この娘は勉強不足。でも、知っていると思っている。

なんとも、つかめないまま着付けは終了したのでした。

その後も、なかなかお迎えが来なくて、
「近くのコンビニまで(お迎えは)来ている」と言うだけで

困った様子もなく、シラッとスマホをいじっている姿に、
「近くのコンビニってどこのことだよ?」って、

追求したくなったけど、我慢できました。
早く行ってしまってくれ と、強く強く思いました。


土曜日は、用事があって、歴史館に行きました。

歴史館の玄関は、こんなに立派だったんだと思いました。
でも、着ているものは、真っ白になってしまって笑えます。

DSC_2741.JPG

一応、塩沢紬と絽の帯をしていきました。

この日は、涼しかったから、このくらいで調度よくて、
教科書通りの着こなしができたように思います。

駐車場に向かう途中のロータリーに、
年間行事のポスターが貼ってあって、

DSC_2743.JPG

ちょっと興味深いモノがありました。

消防士の羽織の裏の模様

普段は、反対に展示されているけど、
視点を変えて、裏地を見ようという企画らしいです。

Screenshot_2018-06-23-19-46-09.png

メノツケドコロ

勝手に、すべての展示が羽織の裏地と思いこんで、
絶対見に来ようと思ったけれど、

itomakiも相当思い込みは激しいから、
注意して言いふらそうと思った次第です。

DSC_2746.JPG

ぶんぶーん

またね。
nice!(8)  コメント(12) 

普段でも着物きているから [平和ネタ]

こんばんわー。

今日は寒くて、よかったです。
ムシムシしたら、なぎなたに行きたくなくなるので、

土曜日はこのくらいがGOODな感じです、

えーと、書きたいことはいっぱいあって、まず、
ばーちゃんが地元の新聞に載った事[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

DSC_2737.JPG

100歳(前後)の元気なお年寄りを特集している特集に
載せてもらえて、④となっていたから、

ばーちゃんはこの特集の四人目ってことみたいです。

ばーちゃんがみんなに愛されているのがわかる内容で、
この記事が載ってから、

親戚やお友達が、たくさん連絡をくれたことも
とてもうれしかったみたいです。

itomakiのお友達は茨城新聞に頼んで、
記事のデータからコピーしてくれて

パウチッコ(←今はなんて呼ぶんだろう?)してくれたり、
とにかく、わいの、わいのと大騒ぎになってしまってました。

それにしても、こんな素敵な内容で新聞に載るって、
すごいことだなーと改めて思ったりしました。

母の事も少し書いてあったみたいでした。
itomakiのことも「孫」って載ってました[ひらめき]


そうそう、それで、
本題は、先週の土曜日のことなのですが、

お友達に頼まれて、「お祝い会の司会」という、
名誉なことを頼まれたのです。しかもホテルで。

お友達の中学の時の先生が、
「瑞宝双光章」という章を受章されたそうなんです。

received_1678643025563255.jpeg

叙勲のお祝い会を同窓生でするということになり、
それで頼まれたのですが、よくよくたどってみたら、

itomakiと同じ中学校で、4つ上の先輩だったのだけど、
同じ年に在籍はしていないといっても、

参加者の中に、なんだか見たことがあるような人が多いのは、
やっぱり小学校とかがいっしょだったから?かな?

なんて思ったりしています。

itomakiと時々ランチをしたり、
着物のコーデをしてあげたりしているお友達の

旦那さんがこのお祝い会に参加することを知って、

itomakiの着物友の旦那さんが、実は中学の先輩で、
しかも、itomakiのお友達と結構仲良しだったってこと?

って、軽く混乱しました。

お祝い会当日に、開始前の打ち合わせが済んで、
軽食を頂いていたら、

着物友と旦那さんが応援に来てくれました。

取れたてのキャベツを持ってきてくれて、
うれしくなりました。

旦那さんに「どうして着物きてるんですか?
(参加者は)みんな普段着なのに・・」と、

本気とも冗談ともとれない、つまらないことを聞かれたので、

「普段でも着物を着ているから」と
ちょっと真顔で答えてしまったのは、きっと、

緊張していたからと思います。

この日のitomakiは、
先月に引き続き、紗合わせと(今度こそ)紗の帯をしました。

received_1678642902229934.jpeg

しかしさー、先生ってどうしてあんなに話が長いんだろ?
話が長すぎて、時間通りに終わらないし(笑)

まぁ、いいですけど。

途中、余興で「祝い太鼓」がなりました。

received_1678642565563301.jpeg

待ち時間に若いお兄さんとパチリ。

received_1678642228896668.jpeg

なんとか役目を終えて、
無事に終了できました。よかった、よかった。

received_1482308661875105.jpeg

こんな経験はなかなかできないので、
紗合わせも、1シーズンで二回着れたし(笑)

よい経験になったなーと、思いました。
司会にitomakiを抜擢してくれたお友達にも感謝してます。

次の日は、姉の友達のご子息が結婚するというので、
留袖を着せてあげました。

DSC_2736.JPG

めでたいことが続いた、良い週末でした。

またね。
nice!(11)  コメント(10) 

暑気払いできたと思う。 [山本和裁研究学院]

こんばんわ。

今日は昼間はムシムシ暑くて参りました。
部屋を片付けなければならないと思っていたのに、

ウダウダとしてしまって、
できませんでした。

だから部屋が散らかったままで、
余計に不快指数が高かったのだけれど。

夜になってしまえば、だいぶ涼しくなって、
どうでもよくなった、と思うようにして、

掃除は明日しようと、心に決めるitomakiです。

さて、昨日のことなのだけど、
和裁学校のお友達と暑気払いをすることになって、

お友達が以前から行きたがっていた
和食屋(居酒屋)的な店に行ってきました。

もちろん、着物で行こうと話していて、
何を着て行くか迷ったけれども、

和裁学校の暑気払いに行くのだから、
自分で縫った着物を着なければ[手(チョキ)]と思い立って、

数少ない出来上がった着物の中で選んだのは、
小千谷縮のアンティーク。

DSC_2734.JPG

なんかさー、東京に行くときは、
本気で何を着るか迷うけれど、

地元で着る時は、季節とかあまり関係なく、
着たいものが着れるから、とっても楽ち~ん[るんるん]

麻の着物と帯は、さすがに涼しくて、
外に出たら、少し寒いくらいに思って、

やっぱり麻の着物って、盛夏モノなんだなって、
しみじみ感じたりしました。

でも、気にしませ――ン。

1件目は、和食屋さん。
母も行きたいというので、一緒に行きました。

DSC_2726.JPG

考えてみたら先生なのだから、
本来こちらから誘うべきなのかもしれないけれど、

一緒に来てくれました(笑)


お腹いっぱい食べた後は、もちろん二件目。
コーヒーショップで、デザートタイム。

DSC_2728.JPG

イチジクのケーキが美味しかったです。

着物って、どうやったらまた普及するのか?
どうやったら、簡単に着れるのか?って、

少し熱く語ってしまいました。

便利GOODSを使ったり、
2つとか、3つに切って、ソコを帯で隠したり。

汗対策とか、洗える着物の事とか。

それでも、itomaki達が出した答えは、

「普通に着るのが一番簡単」ということ。

明治時代までは、子供だって着ていたし、
着物で掃除とか洗濯とか、旅行とかしていたのだから、

現代の人が難しいと思うのは、あくまでも
思いこみで、難しいわけないと思うのです。

動けないはずがないと思うのです。

簡単GOODSみたいなものもたくさん売っているけど、
GOODSを使いこなすのが、案外難しかったり、

コツが必要だったりして、面倒であるというのが結論。

コツをつかむために練習するなら、
普通に着るコツをつかむ方が理にかなっていると思う。

でも、itomakiも、モノつくりは大好きだから、
「こうすれば簡単にできるかな?」的なことを

考えるのは結構楽しいというのも、分からなくはないのだけど。
ということで、楽しい暑気払い出来ましたとさ。


今作っているのは、イチチジクの柄の単衣の羽織。

DSC_2705.JPG

この写真では、どの工程なのか、
全く説明できないけれども、作成中(笑)

袷だった着物を解いて、今年秋に着用予定・・・。
あくまでも予定。

またね。

nice!(7)  コメント(6) 
前の10件 | -