So-net無料ブログ作成
検索選択

桜が満開の日は [着付け]

こんばんわ。

今日は、細かい雨が降っていました。
桜が満開みたいなので、市内で4か所巡りしてきました。

ということで、写真多めの更新です。

DSC_0699.JPG

旧県庁

DSC_0707.JPG

歴史館

DSC_0703.JPG

千波湖

DSC_0705.JPG

霧で霞む千波湖(笑)

DSC_0709.JPG

今の県庁

DSC_0710.JPG

霧で霞む県庁(笑・笑)


木曜日の着付け教室は、
いつも一緒に和裁をしているお友達と

「よばれた結婚式に着て行く訪問着を見てほしい」といので、

特に、帯揚げ、帯締めと、伊達衿が難しいというので、
そんなの、itomakiにだって難しいよ、と思いながら

あでもない、こーでもないと楽しく話してました。

はじめはこんな感じでしたが、

DSC_0682.JPG

ちょっと帯締めを冒険しようということになり、

DSC_0683.JPG

こんな帯締めにしたのだけど、
襟が決まらなくて、

伊達衿をつけるか?つけないか?から始まり、

妙にドンキっぽい厚紙の伊達衿が、
どうしても納得できなくて、

伊達衿は付けない方向に話は進んで行ったけど、

DSC_0685.JPG

予備に持ってきた帯揚げを、
伊達衿にすることを母が提案したら、

DSC_0689.JPG

思った以上に仕上がりがよくて、
カッコが付くように縫い付けてしまうことに。
(↑ 得意分野)


itomakiも、自由な発想では、しばしば
職場の先輩や同僚を驚かせるけど、

母も、相当のものだと、感心したのでありました。まる。

この日のitomakiは、桜の散っている紬と、花織の帯。

DSC_0687.JPG

先週は、同じ着物と更紗の帯。

DSC_0673.JPG

桜の帯留めと三味線の根付。
桜が満開の日は、散ってる桜がいいと信じてます!

またね。

「モリ袖&ヌキ襟」が気になる [平和ネタ]

おはようございます。

休みの日に珍しく早起きしているitomakiです。
掃除も済んでいるので、余裕の朝でやんす。

テレビで、GUのCMを見ました。。
モリ袖とヌキ襟・・・。気になります

盛り袖と抜き襟と思うけど、
モリとヌキが、カタカナなのも、ちょっと気になります。

それは、itomakiも多分カタカナで書いていしまいそうだからです。
漢字で書かない意味が分かるような気がするし。

それはまぁ、いいのですがGUのリンクを貼っておきます

GUへのリンク

昨年のGWごろ、itomakiは、こんなブログ書いてました。

洋服でも衣紋が抜ける

きっと、この「ヌキ襟」なるものは、
とっても楽ちんなのではないか?と思ったりして、

皆の評価が気になるところであります。


それと、2月のイベントのこと書き忘れていたので、
書いておきます。今頃ですが・・・。

お出掛けしたのは、県立歴史館の
「イカラカラ・アイヌ刺繍の世界」です。

DSC_0427.JPG

しかも、「アイヌ文化と常陸の国・水戸藩」という
講演会にも行きました。

かいつまんで講習会の事を書くと、
一つは、アイヌは北海道の原住民みたいに言われてるけど、

昔は、北関東くらいまでは住んでいた、という仮説があって
茨城(常陸の国)でも、アイヌ語と思われる土地名が、

今も残って、普通に使われてるのだとか。


もう一つは、水戸黄門様が、船を作って、
北海道の調査を推奨したので、

江戸時代ごろの北海道の様子が、
水戸藩に残っているのが、たいへん貴重な資料なのだとか。

石狩川広サ 那珂河よりも広く御座候、深も同由に申候
石狩川ハバ二丁バカリ、流ハ取手川ヨリノロシ

石狩川を那珂川より広く深く、
利根川(?)よりゆっくり流れてる、と、

基準が茨城で、少し笑えます。

前も書いたけど、水戸藩が船を作れたのは、
他の藩が船を作ると、謀反になりがちだけど、

御三家だから、作れたと言っていたし、黄門様はスゴイな。

展示の方は、たくさん見ることができて、
縫製と裁ちは日本の着物に近いのに、

柄はロシアに近いから、面白いなぁと思いました。

DSC_0434.JPG

 ↑ ロシア側の島の服

ロシアの服は、今着ている洋服と同じで、
前身頃と後ろ身頃がバラバラに切っていて、

ラグラン袖みたいにつながっているけど、

アイヌの服は、前身頃と後ろ身頃は肩に縫い目はなくて、
背中と脇が縫い付けてあり、袖が別付けになってました。

それと、着るものだけでなく、
首飾りや、耳飾りも、とっても綺麗でした。

和裁学校の友達は、北海道で展示を見たけど、
その時よりも、沢山見ることができた、と言っていたし、

職場で見に行った同僚も、
柄とか模様にかなり興味が沸いたみたいでした。

忘れないうちに書けて良かった。
早起きできたから・・・。

またね。

脇を縫ってから持って来い [山本和裁研究学院]

こんばんわ。

はぁぁぁ。いよいよ今日が年度末で、
来週からは、鬼のように忙しい日々になりますです。

あーぁ、3月は楽しかったなぁ。


忙しくなっても、和裁教室は続けるつもりだし、
昨日からまた、組紐教室も再開しました。

和裁教室は、今、男物の仕立て直しをしていて、

女物の脇縫いを解いて、身幅を広げることと、
衿を棒衿にするという、お直しをしています。

そんなに汚れている着物ではなかったので、
そのまま縫い直すつもりでしたが、

母が「やっぱり綺麗でないから、洗ってから
縫い直した方がよいよー」と言ってきたので、

「確かに、ちょっと、そう思う」と思ったりして、

このままジャブジャブと丸洗いに出そうと考えて、
近所の悉皆屋に持って行ったのだけど、

その、お店のオジイさん曰く、

「縫い目の所が汚れているのだから、
解いたところこそ、きれいにしなければ意味がない」と。

itomaki曰く
「確かにそうだが、解いてしまったら、
身頃がバラバラになってしまい、縫いにくい」と反論。

そしたらお店のオジイさんが
「では、縫ってから持って来い」と。

なるほど。確かにそうだなぁ・・・と思ったので、
身幅を男物に縫ってから、持って行きました。

DSC_0466.JPG

ということで、昔の縫い目の解いた所をよく洗ってもらい、
こんな感じになって帰ってきました。

DSC_0640.JPG

衿も棒衿にするために解いて、
縫い目を伸ばしてもらっています。

DSC_0465.JPG

あとはいつもの様に、縫い代をクケルだけですが、
これがまた、面倒なのです。


組紐の方は、2年越しの約束になってしまった、
お友達からのリクエストの「冠組」が出来上がり、

DSC_0662.JPG

次は、男物の羽織紐ひ挑戦しようと思ってます。

父へのプレゼントですが、理由はありません。

そして、糸が余ったら、もう一組組んで、
あの人へのプレゼントにしようと思っているのです。

あの人は多分、羽織を持っていないから、
「いらないです」というかもしれないけど、

感謝の気持ちだからと、無理に差し上げるつもりでなんです。

もしかして、自分のことではないか?と思った方は、
コメント欄にどうぞ、「いらないです」と書いてください。

本当に、その人が「いらないです」と書いたら、
少しは考慮するつもりですから・・・。

ちなみに、「地坪(じつぼ)」にするつもりですので、
そちらも、よろしく願いしますです。

またね。

東山魁夷展に行きました。 [平和ネタ]

こんばんわ。

今日は、久しぶりに雨が降りました。
これからは、雨が降るたびに、徐々に徐々に

暖かくなっていくと思うと、ホッとします。

茨城出身の稀勢の里も、優勝できたし、
新横綱の優勝は、貴乃花以来22年ぶりというから、

日本人の久しぶりの快挙で見事な逆転優勝でした。

今までは、精神面が弱くて
なかなか優勝できないと言われていたのに、

横綱になってからは、強い精神力と言われたりして、
メディアって、本当に勝手ですよね。

北朝鮮の金三男も、以前は強面の映像ばかりだったのに、
殺害されてからは、朗らかな映像が多くなったし・・・。


さて、小雨の中、近代美術館
東山魁夷展に行ってきまいた。

彼のお父さんが、見たいというので、
彼のお母さんの形見の着物を着て行きました。

DSC_0653.JPG

丈がかなり短いので、おはしおり辺りで細工をしたので、
モコモコして、いつもの様ではないですが、

春っぽい、よい着物と思ったし、
少しの雨でも、気にすることなく着れると思ったので、

傘をさすかどうか、迷うくらいの軽い気持ちで歩いたら、
彼のお父さんには、

「きちんと傘をささないと、濡れたらもったいない」と
注意されたりして、

あ、そうだった、そうだった、と反省しました。


東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展

どうですか? ↑ このロゴ・・・。

itomakiは、東山より後は、目が流してしまって、
どう読んでいいのか、考えるのも面倒でした。

ちなみに、itomakiのような方のために説明すると、
東山魁夷(ひがしやまかいい)という画家がかいた、

唐招提寺(とうしょうだいじ)というお寺の
御影堂(みえいどう)という建物の

障子とか壁の絵の本物が展示された、ということです。
確かにそうだけど、漢字が並びすぎて、目が拒否ってました。

でもね、でもね、本当に素敵でした。

色の数は、とっても少ないのだけど、
水墨画に近いような感じなのだけど。

行ってよかったです。

桂林などの水墨画もよかったですが、
海の青色も、とても素敵で、

シャガールのような青い夜にも似た
引き付けられ方です。

特に濤声(←読めない)と、山雲という作品・・・。

シャガールより絵自体はかなり大きいから、
ちょっと規模は違うけれど、

ずーっと、見ていたい気持ちになりました。

やはり本物には、レプリカにない
深みとか、渋みとかがあるのだと思いましたよ。

DSC_0655.JPG

クリアファイル買ってしまった・・・。
でもね、こんなんじゃないんですよ。

「障子は本物だけど、柱はどうなのかな?」と
彼に聞いたら、「柱は偽物でしょ?

柱も持ってきたら、御影堂はつぶれちゃうでしょ?」と、
なんと説得力のある答え!

それにしても、本当に、本当にずっと見ていたくなるのです。
自分の語彙の少なさが、情けないですが、本当です。

2月から展示していたのに、
もっと早くいけばよかったと、後悔するくらいです。

4月2日までか・・・。今日は混んでいたから、
平日にゆっくり、じっくり見てもいいかな・・、と。

またね。

袴と羽織で気分よく [平和ネタ]

こんばんわ。

いよいよ水戸も、春めいてきた気がします。
自宅の梅も満開、満開。

DSC_0630.JPG

桜の開花も気になり始める頃ですが、
まだ、ちょっとツボミが固いです。

そういえば、最近何故か?itomakiのブログの順位が
25位以内に入っていて、不思議です。

だから、
何でも長く続けることは、大切だなぁと思う次第です。


そんな中、itomakiは、新しくお習い事をはじめました。
これです。↓ ナギナタ

8453641906_8f54ca9720_z[1].jpg


年末に見学に行ったときは、道場が寒くて寒くて、
ここは、室内ではないと、思ったくらいです。

見学なのに、裸足で板の間って、さすが武道。

でも、運動不足だし、やってみようと思えたので、
2月までは、体験として通い、

3月に入ったら、なぎなたを買ったりして、
いよいよ今日、

お稽古着に刺繍の名前が入ったものを受け取って、
お稽古に着て行きました。

大人はみな私服で来て、更衣室で着替えるけど、
学生は、親に車で送ってもらうから、

お稽古着で通ってくるので、itomakiも
どうせ車だからと思い、お稽古着で行こうと思ったけど、

DSC_0623.JPG

さすがに寒いので、羽織を着て行ったら、
とっても、みんなの人気者になれたけど、

きっと、「変な子が入ってきた」と、
おばちゃんたちは思っているだろうと想像したのでした。

なぎなたの袋と、貴重品入れを コノ↓帯で作成。

DSC_0401.JPG

これで、とりあえずの道具は揃いました。
がんばって続けようと、強く思っておりますです。

またね。

まさかの寝坊で着そびれる [平和ネタ]

こんばんわ。

いよいよ3月も中判を過ぎてしまいました。
itomakiの仕事は、4月から鬼のように忙しいので、

このまま3月が続けばいなぁと思ってますです。

それに3月は有休消化もあるから、
すぐに会社を休んでしまったりしてます。

昨日は、優しい人が歌舞伎のチケットをくれました。
どうしても行けないから、もらってくれというので、

母と一緒に見てきました。

DSC_0597.JPG

前の日は、何の着物を着て行こうか迷っていましたが、
小物は朝に決めようと思って寝てしまったら、

まさかの二度寝をしてしまい、
気が付いたときは、家を出発予定の20分前で、

もう、何の準備をしていいかわからなく慌てて、
とにかく顔を洗って、お化粧をしたのですが、

普段の洋服なら、20分あれば出かけられるけど、
着物は、やっぱり、ちょっと無理で、

足袋からしたくするにしても、15分は欲しいし、
小物は決めていないから、と思いながらも、

歌舞伎座に行くのに、洋服だってお洒落をしたいけど、
今更、おしゃれな服を考えるのは、

着物を着るより時間がかかりそうで、慌てているうちに、
時間が過ぎ、仕事に行くようなカッコで出かけてしまいました。

そのカッコをみつけた父が、
「あまりにもひど過ぎる」と嫌なことを言ったのが聞こえたけど、

聞こえないふりをして、出かけてしまいました。

itomakiだって、東京に行くのに、
こんなカッコでは行きたくないけど、仕方ないです。

決めた電車に乗れなければ、特急代が無駄になるから、
そのことを考えても、決めた電車に乗らなければ・・

あーでも、1本電車が遅くても、歌舞伎には間に合うのに、
でも、特急代が・・・着物が・・・と葛藤しました。

少し昔に、石田先生から、江戸時代の田舎の人が
歌舞伎を見に行く

前の日から泊まったり、何度も着替えたりして、
見物前もかなり楽しみ、意気込みもすごかったと聞いたのを

思い出したりして、かなり落ち込みました。

でも、着いてしまえば、そんなことは忘れて、
普段、入れないような、文明堂カフェに行ったり、

DSC_0598.JPG

 ↑ どら焼きの皮のパンケーキ

歌舞伎座の前のお弁当屋さんの弁当を食べれたり

DSC_0604.JPG

ちょっと斜めだったけど、よく見れたし、

DSC_0602.JPG

あのがんの女優さんの旦那さんの、
あの役者の助六は、ホントにカッコがよくて、

粋で粋で、ホントに良かったです。

ちょっと、声が通らなくて、決め台詞も聞こえなくて
かなりイライラしたけど、カッコはよかったです。

花魁の衣装も、とっても綺麗で綺麗で、うっとりでした。
あんなに沢山見れることはあまりないので、嬉しかったですし。

見物しているお客さんも、着物を着ている人がおおくて、
itomakiも、あと、10分早く起きれていれば・・、と

たいへん悔やまれましたのでした。

またね。

自分のペースで着ないとダメー。 [着付け]

こんばんわ。

今日は、本校の研修で、
着物を自分で着る授業の手順確認会でしたので、

会社を休んで行ってきました。


教室では、生徒役にバッテキされて、
先生役の講師の言う通りに、着物をきましたが、

自分のペースで着ないと、どうもシックリこなくて、
きつく締めすぎてしまったり、

ちょこちょこ直せなかったりで、

「手順+コツ」を一緒に伝えるのは、
難しいことなんだなぁと、つくづく思いました。

手順だけの指導では、自分の着こなしにならないのです。
思いがけず、とっても勉強になりました。

お教室で活躍したのに、写真を撮ってもらうのを忘れて
ちょっとガッカリでもあります。


確認会終了後、先輩の講師たちとお昼を食べて、
その後、父と待ち合せたら、

「今日の着方は、なんか変だね」とみつかってしまって、

もっと、下前を引っ張りなさいとか、
衿を引きなさいとか、

もっと、シュッと直しなさいとか、

言われるままに直してはみるけど、
これまた、しっくりこない・・・。

お太鼓の形は完璧なのに、
胴回りが苦しいわけではないけど、気持ち悪いし。

結局、全部脱いで、襦袢から着直しました。
ホント、自分で着てるのに、

自分のペースでないとしっくりこないなんて、
なんとも不思議なコトです。


そうだ!itomakiの着付け教室のHPを新しくしました。

石田節子流着付け教室 水戸校

普通にグーグルで検索すると、
何ページ目くらいに出てくるのだろう・・・?

今回新たに、
グループレッスンと、男性のレッスンを追加しました。

彼に「貝ノ口」を教えたら、やはり自分で帯を締めると
itomakiに着せられるより、よい締め心地に気付いて、

もう、着せてもらうことに価値を感じなくなったらしく、

こっそり、スエットの上から練習していました。

DSC_0594.JPG

 ↑ 隠し撮り(笑)

でも、簡単だから、すぐ覚えてしまったよ。

手順も大切だけど、
自分にしかわからない気持ちイイ位置を知ってしまうと、

誰にも何も言われたくなるものだと、
このことからも、つくづく感じたitomakiなのでした。

どんなに着付けが上手い人でも、
着慣れた自分のようには着せられないってことかも、です。

つくづく・・・。

またね。

観梅着物ディに行きました。 [平和ネタ]

こんばんわ。

今日はよい天気でした。

かなり花粉が飛んでいるみたいですが、
今のところ、花粉症ではないのです。

でも、いつ症状が出ても仕方ないくらい
無防備にしていて、毎年ドキドキです。

日曜日は、知り合いに誘われて、
偕楽園の観梅イベントである、

「観梅着物ディ」に行ってきました。

この「観梅着物ディ」は、ただ単に着物で
偕楽園公園に集まるだけのイベントで、

写真を撮って、解散という、
キモノジャックみたいな、そんな集会です。


でも、その前に、
お抹茶を飲んでから行くことになっていて、

DSC_0576.JPG

裏千家の境先生のお宅で、
薄茶を頂きました。

道具は、旅箪笥釣り釜でした。あと楽茶碗。
itomakiは、表千家だったけど、

お茶室でお茶を飲むのは、本当に久しぶりで、
懐かしいなぁと、本当に思いまいた。


その後、バスで移動して着物ディに参加して、

received_767180423431330.jpeg

その後、集合場所のとなりで、

DSC_0579.JPG

遠州流が野点をしていたので、頂くことにしたら、
まさかの1時間待ちで、

風がぴゅーぴゅー吹いて、寒くて寒くて、

趣など重要視されてなくて、
無料で飲めるということに人が集まり、

効率と回転率の悪い状況に怒りが湧いてきたころ

やっとの思いで座って、抹茶を頂きました。

だから、「よいお席だった」などという、
茶道独特の褒め言葉は、一切ないです。

じゃぁ、飲むなよって思うかもしれないけど、
一緒の人が飲むというから、待つしかないのよ。

飲み終わったら、気持ちを変えて(笑)、

DSC_0580.JPG

そして、その後は、電車で水戸駅に移動。

DSC_0583.JPG

楽園駅から初めて乗車したので、記念切符を。
スイカでも、自動改札でもない時、

清算はどうすればいいのか?駅員さんに
お金で払えばいいと思い出すのに時間がかかった(笑)

着いたら、まだ明るいけど、少しだけお酒を飲みました。

そして、いっぱいしゃべってバスで帰りましたとさ。

車で移動しないのは、ホント久しぶり。
バスや電車も、なかなかいいものだったナ。

楽しかった~。

DSC_0584.JPG

ピンボケすみません・・。

お茶室へ行くので、紬はやめてみて、
久しぶりの染の着物を着ました。

絞りon絞り(笑)

DSC_0585.JPG

またね。

倉吉絣の里を訪ねる [平和ネタ]

こんばんわ。

気が付けば3月で、暖かくなったような気持が
しないでもないけど、でもまだ寒いこの頃です。

このブログは着物のブログだけれども、
両親と、ちょっと旅行に行ってきたので、

そのことを書きますです。行ったのは、鳥取県です。

DSC_0573.JPG

鳥取県といえば、弓浜絣と倉吉絣ですよねー。
ですよねー、ねー。

それと、カニですよねー。ねー。

一泊二日だから、観光は2か所しかできなかったけど、
カニを食べることが目的だったので、

行きたかった倉吉と砂丘には行けたので良かったです。


倉吉を語るには、まず、大阪の豪商(呉服)の
「淀屋」を語らくてはならないので、簡単に書くと、

淀屋の番頭さんが、倉吉でもお店をしていたってことで、
それは、大阪のお店が、とても儲かるので、

いろんな理由で、お店を分けていたらしいです。
悪いことを企んでいたのではなくて、

ちゃんと商売をしていて、米とか呉服とか綿花とか、
あとは、農民のために鉄製品の画期的な脱穀機(?)を

開発して、かなり遠くまで売りに行って、
農民には、かなーり喜ばれたらしいです。

と、観光客向けの講談師のオバチャンが言ってました。

で、まぁそんな環境の中、倉吉では、
綿の織物が盛んになったのが、倉吉絣なんですって。

DSC_0492.JPG

町としては、かなり栄えたらしくて、
白壁土蔵と赤瓦がきれいな街並みが今も残っていて、

DSC_0497.JPG

観光客も多いし、改装も昔のように復元したりして
保存にも力を入れてる感じでした。

DSC_0495.JPG

倉吉紬も、気に入ったら買いたかったけど、
あまり反物は扱っていなくて、

テーブルセンターとか、コースターとか、
お土産が多かったです。

岩手の紫根染めも、山形の紅花染めも、
川越の唐桟も、新潟の(いろいろ)織も、

買う気満々で行くけど、案外反物ではおいてなくて、
買えなかったりしますけど、今回もその類にもれず、

倉吉絣、GETならず・・・でした。

この日は、旅館に行って、
夕食は、松葉カニを沢山、沢山食べて、寝ました。

DSC_0512.JPG


次の日は、砂丘に行くことにしたので、

DSC_0541.JPG

また、倉吉まで戻ってそこから山陰本線に乗り

DSC_0542.JPG

鳥取駅まで特急スーパーはくとで移動しました。

DSC_0545.JPG

木の背もたれが、なんともノスタルジック

そこからまた、バスにゆられて、
1時間くらいの砂丘観賞。

DSC_0560.JPG

風紋

DSC_0565.JPG

黄色の←は何万年も前の火山灰。
塊ではなくて、鉛筆の削り芯みたいな粉で、

砂とは重さが違うから一か所に集まっている、
と思われる。

DSC_0563.JPG

軽く迷子になってしまい、クイの番号を確かめに行く父。

昼食は、思いもよらず、お得で美味しい海鮮丼。

DSC_0570.JPG

そして、帰路についたのでした。

鳥取県、初めて行きましたけど、
美味しくって楽しくって、

お店の人とかが、みんな親切だったように思いました。

またね。



パーカーを襦袢にしてみる [着物のこと]

こんばんわ。

今週末は暖かくて、真冬用のコートでは
暖かすぎて、前を開けて着たりしてました。

今日は、真壁のおひなまつりで
茨城キモノジャック」があったので、

行ってきましたよ。

可愛いがっている、モンチちゃんも連れて行きました。

itomakiは、基本に忠実だから(?)、
崩した着物の着方はできないのだけど、

キモノジャックは、ちょっと冒険しちゃおうかな?って
気持ちになったから、

ずっと前に父がどこかから古着で買ってきた
銘仙を着ましたが、

縦も横もかなり短くて、
普通には着れないと思っていた着物だけど、

00070001.JPG

おはしおり無し&身幅の短さを羽織でカバー(笑)
自分で言うのもなんですが、全く気になりません(笑・笑)

帯は彼のお母さんの若い時のモノです。

でも、もうちょっと冒険したいと思ったので、
お友達のモンチの着物は、

襦袢をパーカーにしてみました。
ぷぷぷ。イマドキだっぺよ。

DSC_0472.JPG

さらに、冒険は続きます。
なんと!

DSC_0480.JPG

お昼は、メガマックに挑戦です。

ジャックは10人集まりました。

IMG_20170226_164424.jpg

駆け込みで街の着物屋さんが3人来てくれたので、
なんとか形になった気がします。

きもの屋さんが「ジャックというから来てみたら、
とっても少なかった(たいしたことなかった)」とこぼしていて、

itomakiは、その言葉に文句を言いたくなったけど、
ぐっとこらえて、まぁいいか!と思いこみました。

といっても、その人達について行って、
正絹の羽裏を1000円で、

羽織の衿の部分の絞りと絞ってない部分
(はぎれ・新品)を2000円で買ってしまいました。

DSC_0483.JPG

またね。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。