So-net無料ブログ作成
検索選択

女物着物を男物に直す計画 [平和ネタ]

こんばんわー。

いつの間にか節分も終わって立春も終わってました。

毎年節分は、近所の神社に豆まき・・・もとい・・
豆ひろいに行くのですが、

家族に負傷者が続出し、一人で行ってきました。

母が坐骨神経痛になってしまって、病院通い、
姉がヘルニア入院

実はitomakiも、年末から膝が痛かったり、
股関節が痛くなったりして、

今は、治ったから普通にしていますが、
年末の頃は、このままずっと痛かったらどうしよう、と、

将来を不安に思ったりしていました。

こんなにみんなで足が痛いなんて、
いよいよ、お祓いが必要(笑)?と。

大丈夫、大丈夫・・・と笑ったけど、
本当に大丈夫なのか?ふふふ。


えーと、しばらく書いていませんでしたが、
麻の着物の、リメイクは進んでいて、

あと、衿をくければ、完成となります。

そうなると、次は何を作ろうか?とワクワクです。
でも、次は決まっています。

彼のお母さんの形見の着物(単衣)を、
彼の着物に直すのです。

DSC_0402.JPG

女物だけど、男も着れそうな模様で、
こんな感じ。

DSC_0403.JPG

男物と女物の違いは、衿と袖付けと・・・、
あとなんだろう?

先月見た、月一歌舞伎では、
主役の「文七元結」の文七は、

博打で自分の着物をとられてしまったので、
奥さんの着物を着ていて、

no06_bunshichi[1].jpg

女物の着物は身八口(わきの下の部分)が
縫っていないのだけれど、

男物は、縫い付けてあるのは、
男女の着物の大きな違いであって、

ポスターでは、腕を組むことで袖を巻き込んで
身八ツ口が開いているのを隠していますです。

身丈は女物の方が長いから、
ぐちゃぐじゃに座って、長いのをごまかしています。

映画では、その姿が滑稽でおもしろかったのだけど、
真剣に直すとすると、

こんなだから、身幅と裄は絶対で、袖丈も直すだろうな。

DSC_0404.JPG

衿を外して、脇縫いを解けば、裄と身幅は解決だから、と
甘く考えているけど、先生は果たして、何というか?

あ、この帯でも、アルモノを作るので、
解いて、クリーニングかけなければ[力こぶ]。

DSC_0401.JPG

またね。

雨でも着物で行けたかも。 [平和ネタ]

こんばんわ。

世の中は成人式で、
itomakiの着物友も着付けで忙しいみたいです。

itomakiは、今年は頼まれなかったので、
気ままにしていられて、

立川志の八さんの落語会に行ってきました。

IMG_20170109_002621.jpg

銀座の「わのわ」という居酒屋さんでの落語会は、
前に2~3回くらい行ったことがあって、

2時間くらいの落語の後に、食事がでます。
それが美味しいのです。

演目に合わせたお酒を用意してくれることが多くて、
今回は寿限無だから、↓コレ。

1483888034264.jpg

ラベルの右側に金で「寿限無」と書いてあります。
ピンボケですみません(itomakiが撮ったのではないです)

長野のコレも美味しかったらしいです。

DSC_0268.JPG

此花佐久夜姫みたいでカワイイ!!

2つ目の演目は「三方一両損」
たしか、昨年の夏に友達の居酒屋の落語会も、

三方一両損だったような気がしてます。
ていうか、三方一両損でした。

7月の落語会のブログ

せっかくだから、着物で行こうと思っていましたが、
午後から雨というので、諦めましたが、

あまり濡れずに行ける場所だから、
着物でもヨカッタな、と反省しつつ。



形見でもらった(戦後だろうけど)古めの着物に、
合う帯を探していて、

東銀座に行く前に、ちょっとお店に寄ってみたら、

良い感じの昼夜帯を見つけたので買ってみました。
綺麗だし、長さも幅も普通だから、なんとか着れるかと。

DSC_0270.JPG

これ↑の裏がコレ↓

DSC_0271.JPG

コーデは明日考えますです。

お店で偶然にも、講師会の先輩と遭遇して、
講師会の新年会に何を着て行くか?で盛り上がって、

itomakiは、ちょっと落ち込んだけど、
何を着て行こうか?真剣に考えなくては・・・。

石田先生のチェックが厳しいから(笑)。

またね。

寄席をあきらめて餡を作る [平和ネタ]

こんばんわ。

今日も着物の片付けはしていません。

そもそも今日は、浅草の東洋館でしている、
毎年楽しみにしている演芸寄席に行こうと思っていて、

チケットの予約もしていました。

news_xlarge_touyoukan_01[1].jpg

でも、明日の餅つきの準備を手伝わなければ
ならなくなり、泣く泣くキャンセルしました。

ウエストランドの井口さんに、
新発売のDVDにサインをもらおうと思って、

ファンレターの内容や差し入れを考えた幸せな日々も(照)
藻屑となって鹿島灘に沈みました。はい。


なので、ばーちゃんとお正月の草餅用に餡を作ったので、
それを載せますです。

小豆を茹でて、ゴリゴリします。

DSC_0244.JPG

こしあん派のitomakiは、皮は捨てて、
濾された水を手ぬぐいの袋に入れて脱水します。

DSC_0247.JPG

少し前までは、洗濯機で脱水していたけど、
全自動にしてから脱水だけができなくなり、

手で絞っているとばーちゃんが言っていたけど、
ツッコミどころが多くて、黙るしかなかったです。

DSC_0248.JPG

口を下にして、ぎゅうぎゅう押して脱水(笑)

DSC_0249.JPG

ザラメと水を熱で溶かして、
手ぬぐいの中身を入れ、混ぜて沸騰させて完成。

DSC_0251.JPG

ばーちゃん家は水道が水しか出ないし、
(2枚目の写真参照)

台所の電気も裸電球だから、ツライのです。
(最後の写真参照)

暖房もコタツのみだから、寒いのです。
寒いのは、itomakiの家も負けないか・・・。

あーあ、草餅の草の準備しなくちゃなぁ・・・。
あーあ、東洋館行きたかったなぁ・・・。
( ↑ まだ言ってる)

帰宅してからツイッターを見たら、井口さんは
サインのために(?)少し外で待っていてくれた時間が

あったみたいで、悔やまれるっす。あーぁ、あーぁ。
やる気でない・・・。

明日は早ぇから、はぁ寝っぺかな。

またね。

よい正月のために [平和ネタ]

こんばんわ。

昨日は、クリスマスでした。
itomaki家は、チキンとケーキ食べるだけです。

でも、今年はプレゼントを買ったんです。
モンチ達に・・・。

DSC_0239.JPG

ポストに届きましたー。

もう、何年も着たきり雀だったから、
思い切って、全員分です。

DSC_0240.JPG

じゃじゃーーん。

Mサイズモンチ勢ぞろい。
着がえ前。

DSC_0241.JPG

着がえ後。

DSC_0242.JPG

うちの子は、若干だけど、
太っているぽい。服に余裕なし(笑)

これで、良いお正月が迎えられるー。
よかったねー。モンチちゃん。

またね。

出逢いに感謝 [平和ネタ]

こんばんわ。

今朝の地震は、久しぶりに大きくて
ビックリしました。

津波の警報のメール音が何度も鳴って、

それも一斉になるから、どんだけ大きい地震がくるのか?
って思うけど、避難解除だったりして、

慣れてはいけないけど、ちょっと、ちょっとなんだけど、

何でもないからそう思うのであって、
たいへんなことになっていたら、ありがたいのだろうな。


はい、はい。夏前から絡んでいた、
キモノジャックが終わってしまって、

昨日は、抜け殻のようになってしまっていましたが、
今日は復活しました。

チラシを作ってみたりして、
なかなかの力の入れ具合でしたから。

もう一度載せておこう。もう、終わったけど。

kimonojack.jpg

はじめの頃、普通に告知などしていたら、
歴史館のイベント係りの方を紹介していただき、

話がすすむうちに、市の観光課や
観光協会の方とも、知り合いになることができ、

SNSなどで繋がって「いいね!」をもらったり、
着物について彼らに熱く語ってしまったり、

人集めのアドバイスをもらったりと、
終わってみたら、楽しいことだけだったと思ったりして、

「第15回 茨城キモノジャックin県立歴史館」
やってよかったなぁと思っています。

出向けばいつも、暖かく迎えてもらったって感じがするから、
結局、「人」 なんだなぁ、と。


あれ、また揺れている・・・?

前の記事の写真で、気付いてくれた方も
おられるかと思いますけど、↓ この子

DSC_0159.JPG

かわいいでしょ?看板娘を持って行きました。

itomakiの着付け教室の、3歳の女の子用の着物で、
お宮参りの祝い着を、直したものを着せました。

でも、明らかに3歳より太っているから、
ぎゅうぎゅうと、紐を締めることになり、

itomakiの着付け教室の意にそぐわない着せ方です(笑)

頑張って、無理に着せていたら、
見かねた父が「持っていてあげる」と言って、

モンチの脇の下に手を入れて、立っているように
持ってくれたので、なんとか着せることができました。

(この辺りから、ちょっと会話が変になります・笑)

「本当は男の子のモンチなのに、女の子に見えるかなぁ」と
父に聞いたら、

「帯揚げでリボンを作って、頭に乗せたら?」なんて、
GOOD GOOD IDEA を出してくれたので、

その通りにしたら、さらに凝り性な父は
「かんざしは藤娘にしなさい」と命令口調。

かんざしが刺さらなくて(←当たり前)苦戦したら、
母が、「針と赤い糸あるよ」とシュッとだしてくれて、

見事な連携プレイで
リボンにかんざしを縫い付けて完了。

完璧な女の子になった、モンチくんです。

IMG_20161122_231206.jpg

でも、この看板娘がいたから、
一般に歴史館に遊びに来ている人達も

話しかけてくれたりして、
着物でも浮かないで、いられた気がします。

本当の幹事のジャック3号さんのツイートでは、

Screenshot_2016-11-22-23-28-28.png

やっぱり、モンチはかわいいなぁ[黒ハート]

・・・じゃなかった、人、人。
人との出会いは素晴らしいなぁ。

またね。

お茶のお友達とランチ [平和ネタ]

こんばんわ。

昨日は、スーパームーンだったみたいだけど、
曇っていて、月は見れなくて残念でした。

一昨日の日曜日は、とてもよく見れて、
明るくて、言われてみれば確かに大きかったかも、です。

スーパームーンの中でも、特に大きく見える
ウルトラスーパームーンだったんですって。

ほー。

itomakiは、どうしても、
ウサギが餅をついているように見えないのだよなー。


えーと、久しぶりにお茶のお稽古を一緒にしていた
お友達が連絡をくれて、ランチしてきました。

お茶のお稽古をやめてから
どのくらい経つのだろうって思う。

十代の時からお稽古していた時の姉弟子たちは、
今、どうしているのだろう・・・。

当時から、相当おばあちゃんだったから、
だったから・・・、だったからなぁ。元気かなぁ・・。

今回は、その時の先生が亡くなったから、
次に通った社中の仲間たちでその人達は

比較的年が近いからか、途中から入ったitomakiのことも
食事会に誘ってくれるなんて、本当にうれしいなぁ。

だから、ノコノコ行ってきました。

itomakiはサンドイッチランチを注文。

DSC_0094.JPG

スープ少し飲んじゃったけど、間に合ったことにする。

ペロリ。

その後は、ずーっと話してしたよ。
楽しかったなぁ。

水戸では結構大きな病院の看護師をしていて
定年退職した人が、再就職を探している話で、

看護師でも、管理職になってしまうと、
現場を離れていたと判断されて、

再就職が不利になると聞いて、意外だったから、
世の中って、結構シビアなんだなって思ったりして、

勉強になりましたよ。

フラダンスを始めていた人もいて、
パウスカートを差し上げる約束をしました。

itomakiは、もう使わないと思うから。

凝った時は、ハワイからファブリック取り寄せ
スカートや、レッスンバックを作って楽しんだのに、

懐かしいな。今日、押し入れからパウスカートを出して
洗って干しました。気に入ったの物しか残していなくて、

捨ててしまったものも多いけど、
気に入っていたから、お友達に使ってくれれば嬉しいし。


集まった人の一人が、
itomakiの帯留めに気が付いてくれて、

竹で編んだ帯留めなのだけど、
お友達の手作りで、雰囲気がとてもいいんです。

DSC_0098.JPG

皆が羨ましがってくれて、来年早々に新年会として
笠間に竹細工体験に行く計画になったりして、

また、楽しみだな。

六人のうちの、一人は着物を着てきていて、
帯が、紅型っぽい、いい色の染帯。

DSC_0096.JPG

itomakiは、名もない光沢のある紬と三重紗の帯。

DSC_0097.JPG

楽しかったし、おいしかったし、だった。

またね。

バロック音楽を聴いてみました。 [平和ネタ]

こんばんわ。

あー、連休終わっちゃいました。
もう、何を支えに仕事をすればいいのか、

わからないです(←大げさwww)

今月はよいペースで着物を着ていますが、
この後は、休日出勤が多くて、あまり着れない予感です。


日曜日は、水戸芸術館で催された
「イザベル・ファウスト&クリスティアン・ベザイデンホウト」の

コンサートに行ってきました。

DSC_0037.JPG

バイオリンとチェンバロの「二重奏ソナタ」(っていうの?)
です。itomakiは、クラッシックとか、ソナタとか、

ぜんぜんわかりませんです。
プログラムではバッハた多かったです。

でも、行きたがっていた彼は、満足していたようで、
私の質問を答えるのが、面倒ぽかった。

itomakiの勉強不足ということですけど、

チェンバロって、なんか、こう・・・
いいよね。言葉が貧困過ぎで申し訳ないけど、

なんか、こう・・・いいよ。うん。

バイオリンと合わせると、
「独創的」とでもいうのか、なんというか・・

もう、わからないから、やめますけど、

これが「珠玉のバロック」ということは覚えましたです。

DSC_0041.JPG

クラッシックのコンサートだけれども、
着物を着ている人がitomakiの他に3人見つけました。

もっと増えて欲しいと思って止みません。
落語の時はもう少し多かったように思います。

このコンサートに満足したことをツイートしたら、
水戸芸術館のコンサートホールのツイッター(公式)が、

リツイートしてくれたので、ちょっと嬉しかったです。

ふふふ。

またね。

隠れ家でランチ [平和ネタ]

こんばんわ。

今日も雨です。
3連休の初日ですから、もったいない・・。

でも、何もしなくていいから、ちょっと楽でもあります。
へへへ。

今日は、午前中は水戸芸術館ACM劇場主催の
ワークショップに行ってきました。

広告の内容から、ヨガと勝手に思っていましたが、
そうではなくて、

DSC_0035.JPG

こんな感じの、劇団四季とかコーラスラインとか、
声歌担当とか、身体担当とか、

さすが劇場のワークショップ。
場所も、リハーサル室という普通の人はいけない場所でした。

今日は基礎コースで、明後日は応用コースに参加します。
楽しみ、楽しみ。


えーと、隠れ家でランチとは、
組紐の先生からお誘いして頂いて、

普通のお家の人が凝った料理を提供してくれるランチ会で、
珍しい食材を使って、おもてなししてもらいました。

場所は内緒で、ブログ等にも掲載拒否ということで、
何故なのか?はよくわかりません。

世界の各地で料理の修行をしてきたようなのに
何故、内緒なのか?何故、本業にしないのか?

不思議・・・・。

お部屋は料理屋さんの個室みたいで、

DSC_0008.JPG

お水は香水(←こんな字?)

DSC_0017.JPG

前菜

DSC_0013.JPG

スープ

DSC_0015.JPG

お肉は鹿で、デミグラスソースは手作り。

DSC_0018.JPG

鹿の肉は半身買って、満足できるまでの下ごしらえや

デミグラスソースのこだわりを語ってましたが、
そのこだわりの意味は、itomakiには理解不可能で、

お寿司のネタも、かなりのこだわり。

DSC_0019.JPG

キャビアは、しょっぱいモノが多いので、
業者に指導して売り出したら、それが世界で

DSC_0022.JPG

ヒットして注文が間に合わないのだとか。
ちょっと、理解不能。

なんで、そんな人が水戸にいるのか不思議。

でも、皆、人見知りなitomakiに優しくしてくれて、

女子8人で、ワイワイ、きゃーきゃーと
楽しんできました。

みんな着物で参加したので、それも楽しかったです。

DSC_0030.JPG

itomakiは、名もない紬(仕立ては胴抜き)と、
更紗の染帯を、低めに締めていきましたが、

色無地に袋帯とか、紬でも大島とかで、
もっと、いい服を着て行けばよかったと思ったけど、

みんな素敵と言ってくれたから、まぁいいか。

DSC_0032.JPG

またね。

汚れてもよい服なんてない [平和ネタ]

こんばんわ。

すっかり秋になってしまって、
日が暮れるのが、ホント早いです。

少し前までは、6時半なんて明るかったのに、
もう、あっという間に暗くなっているので、

寒くなるのが怖いです。
やだなー、寒くなるの、やだなー。

話題の、築地の豊洲移転の話は、同情します。
itomakiの職場も、同じような事が起きていそうだから(笑)

怖い、怖い。台風も怖いな。


さて、何かのイベントに参加するときとかに、
「汚れてもよい服で」と言われたことがありますが、

・・・それは、山登りとか、BBQとかですが・・・

汚れてもよい服って持ってないです。
特に着物では、itomakiは持ってないです。

キャンプとかで、汚れてもよい服を着て行くけど、
基本的に汚れるのは嫌だし、汚れが落ちなかったら、

捨てるしかなくなってしまいます。

先日職場の先輩が、
「itomakiちゃんは、家で何を着てるの?」と聞くので、

「スエット。」と答えたら、「そうだよね」というので、
「ほかに何かあるの?」と聞き返したら、

家にいるのに、きちんと服を着ている人がいるらしい、
家にいるのに、外に着て行けるような服を着ている人がいるらしい、

という話で、少し盛り上がってしまった。

汚れてもよい服を汚してしまったら、
家で着ているのだろうか?でもそれでも、

出かけるときに着替えなければいけなくなったら、
スエットでも同じではないか?と

どうどう巡りに陥ったけれど、

汚れてもよい服なんて、職場の制服くらいかな?

スエットだって、できれば汚したくないのだから。
スエットで出かけることはないから、

多少の汚れやほつれは、気にしないでいられるけど、
普通の服は、そうはいかないです。

それと、着物になると、もっと深刻です。

「汚すかもしれないから、普段着で来てください」
という連絡がきても、意味が全くわからないです。

普段着でも礼装でも、汚してしまったら手入れは同じだし。

そうは言っても、

汚したらいけない、なんてルールを強いられながら、
着物で出かけるのは窮屈、とか

汚れないようにすることに疲れるから、
着物では出かけない、ということとは問題が違って、

日常生活においては、
汚れてしまうかもしれないけれども、

それでも、おしゃれをして出かけたくなってしまうのが
人情ってことだと結論つけましたです。

着物でも洋服でも、それは同じですよねー。
自分を表現するのに、それでいいか?ってこと[ぴかぴか(新しい)]

またね。

「粋」と言われて嬉しがる [平和ネタ]

こんばんわ。

今週は結局、毎日雨だったような気がします。
洗濯が溜まってしまったけど、

やっぱり今日も雨だから、仕方ないです。

秋っぽく、カラッと晴れないかな?
毎年、こんな天気ではなかったですよね?


えーと、今となれば先々週の水曜日に
志の八さんの落語会に行って、

itomakiを「粋」と言ってくれた人が一人でなくいて、
そんなことを言われたことがないので、

大変、浮かれております。

「粋」って、岩下志麻みたいに、
カッコイイって感じな時に使いやすいけど、

なんかこう「ギリギリ」みたいな事も、
粋って言ったりしますよね。

やり過ぎていない、っていうか、何というか。

あとは、気が利いている行動とかも、
粋な計らい、なんていうのも聞くし、

褒められていると、思っていいんだよね。

今回の落語会に着て行く着物を、
紺屋と花魁の演目にちなんで、

藍染めの着物を着て行こうと思ったは、
ホントに正解だったと思っていて、

トンボの帯留めも今回の落語会の趣向にと、
季節にも合っていて、ドンピシャと思い、

偉いぞ!itomaki、よく気が付いた!って
自信を持って来て行けるから、楽しかったのです。

DSC_1503[1].JPG

帯は何にしようかな~。何でも合うな~、ふふふーん、
なんて鼻歌交じりで、浮かれていたら、

落語会の趣向に合わせて、富士山の帯を、と
入れ知恵したのは、実は父で、

DSC_1505[1].JPG

母の箪笥から、勝手に持ち出してくれて、

理由は言葉にできないけど、
できないけど、でも、なんとなくイイ。

更紗の帯とか、柿の葉の帯でもいいけど、
でも、富士山がいいでしょ?

バッチリ、締まりが出たって感じ。

日本一とか、困難に向かうとか、
野暮なこじつけは、必要ないでしょ?

言葉にできない感じって感じです、はい。

花魁の衣装を展示したのも、
お客さんの中の一人が「とっても粋」と、

ツイッターに載せてくれている人がいたり、

IMG_20161006_174920.jpg

貸したお友達も、
今までにない演出ができた、と喜んでくれて、

花魁の話だからって、花魁の打掛を飾るのが、
やり過ぎてしまっては、野暮だけど、

今回は、そうではなくて、粋だった、となった訳で・・。

粋って、難しい。その時の雰囲気だよね。雰囲気。
今回は、成功だった[手(チョキ)]。気分が良いわー。

今日のお教室は、綿麻の着物と菊の帯。

DSC_1524[1].JPG

またね。

メッセージを送る