So-net無料ブログ作成
平和ネタ ブログトップ
前の10件 | -

幕末に思いを馳せるピアノコンサート [平和ネタ]

こんばんわ。

また、楽しい週末が終わってしまいました。
休みの日は、あっという間に終わってしまいますが、

11月は、良いペースで着物を着れています。

昨日は、県立歴史館でピアノコンサートに行ってきました。
ピアニストは、浦山純子さん。

歴史館には、1865年製造の日本最古のピアノがあって、
時々、コンサートをするみたいなのです。

received_1481441755283384.jpeg

itomakiは、時々心の勉強として、
クラッシックとかのコンサートに行くけれど、

まぁ、上手だったとか、本当にヨカッタとかしか
表現ができず、いつも語彙の少なさに落ち込みます。

もちろん、今回も、日本最古のピアノの音色を
語ることはできませんが、感じたことがあるんです。

3曲目の「1867」とは、パリ万博が開催された年であり、
(ピアノ製造の2年後)

旋律にワクワクしたり、低い音に驚いたりして、
当時の華やかでありつつ、色々なフランスを想像できました。

でも、日本史で1867年は?
忘れていけない、大政奉還ですよねー。

大政奉還を行った徳川慶喜は、水戸藩出身だから
小学校の社会科ではその時代の勉強に時間を費やしていた気がします(笑)

開国と、尊王攘夷で揺れる日本で、
水戸でも、桜田門外の変とか天狗党とか、

時代の波にもまれていたんです。

itomakiは一応水戸っぽだから、なんとなく、水戸藩贔屓で、
「外国は怖いから開国しない」というイメージでした。

でも、「1867」という曲を聞いていたら、

水戸藩の先人達の熱い志しと、
悲しい結末を知っているから胸が痛む一方、

パリ万博の音楽の、
ヨーロッパの楽しくて軽やかなメロディに心が躍り、

外国にあこがれる娘に心が推移して胸が高鳴りました。

少しの時間だけれども、
当時の人々に思いを馳せてしまって、

「鎖国なんかしてないで、早く開国した方がいいよー」と
いう気持ちになりました。

音楽を聴いて、こんな気持ちになったことはないです。

本来なら、日本最古のピアノ演奏を聴いているのだから、
奏でる音の幅とか、奥行きとかを感じるのでしょうが、

専門的なことは、全くわからずで恐縮です・・・。

こんな近くで(写真では全体が入らないくらい)
演奏を聴くことができて、本当にうれしかったです。

DSC_1755.JPG

次の曲のショパンも、もう、うっとりです。
itomakiは、経験値がかなり上がりました(笑)。


コンサート終了後は、調子に乗って
貴重なピアノの鍵盤を触って、弾いているふり[ふらふら]

DSC_1759.JPG

いま、歴史館で催されている、時別展Ⅱの内容とマッチしているし、

tokutira-270x400[1].jpg

ピアノコンサートのチラシの見出しも
「幕末の響きを聞く PROJUCT1867」となっていたらから、

そうそう、本当にそう、とうなずけて、
とても素敵な企画だなーと思いました。

楽しかったー。

またね。
nice!(3)  コメント(2) 

立川志の八真打昇進披露落語会に行きました [平和ネタ]

こんばんわ。

あー寒い、寒い。

水戸はとっても寒いのに、
熱気ムンムンの落語会に行ってきました。

それは、このブログでも、時々紹介している
立川志の八さんの落語会です。

shinuchichirashi[1].jpg

志の八さんのことを応援し始めたのは、2013年。

だから、かれこれ3年くらい追いかけていて(?)、
オリジナルキャラクターの ↓ をマネして

DSC_0462.JPG

こんなの作っちゃったり、

DSC_0435.JPG


名前入り浴衣の端切れをもらって、
こんなの作っちゃったりして、

DSC_0042.JPG

itomakiも楽しませてもらっていた訳なのです。

このころから、itomakiのお友達が、
志の八さんの落語会の仕事を手伝ったりしていて、

少し、身近な存在であったのだけど、
この度、めでたく真打に昇進して、

ちょっと遠くに行ってしまったような気持がしています。

itomakiのお友達の営む勝田の居酒屋にも、
落語会に来てくれて、懇親会が楽しみだったし、

そのお友達が、野菜とか果物とかあげちゃったりしたから、
田舎の人は、いい人だって、思ってくれたと聞くと、

とてもうれしく思ったりしてました。

これからも、itomaki達の事、忘れないでほしいなーと、
センチな気持ちになったりしています。


さて、午後休暇を取ってまで上京した落語会ですが、
ゲストも、豪華でした。

FB_IMG_1511077025097.jpg

花緑さんの親子酒は、先月水戸で聞いたような・・で、
志の八さんの竹の水仙も、夏にひたちなかで聞いたような・・。

でもなんか、さすがに、気合というか、
心意気は、断然今回の方が上でしたが。

志の輔師匠の「のようなもの」は、とても面白かったナ。
前に茨城に来たときは「前もって言っておきますが」でした。

言葉尻をつかむのが上手いし、納得で満足。

志の八さんは、少しやせたのか、
カッコよくなっていたような気がしてなりません。

DSC_1743.JPG

 ↑ 江戸小紋写しの着物と刺繍の洒落袋帯
羽織は、母から借りたもの。

3時間以上の落語会だったので、
帰りは、終バスの1本前に乗りこんで、

なんとか、次の日の仕事に行くことができました。
職場で、ぐったりしていたら後輩に心配されたので、

ぐったりしている理由をはなすと
「20代前半の遊び方はやめなさい」と注意されました。

でも、もう1回あるのです!行かせてください[手(グー)]
今度は、披露宴[演劇]終バスの覚悟[バス]

これは、ご祝儀を持って、行ってくるつもりです。
あー楽しみ、楽しみ。

DSC_1742.JPG

またね。
nice!(4)  コメント(2) 

何をやっても大変だよね [平和ネタ]

こんばんわ。

キモノジャックが終わって、今週末になっても、
なぜか県立歴史館に通いつめています。

いちょうまつりは、まだ続いていて、
駐車場渋滞が深刻なくらい、多くの人が集まってます。

土曜日は、陽が落ちてから、銀杏のライトアップと、

DSC_1692.JPG

プロジェクションマッピングがあったため、

DSC_1698.JPG


日曜日は、組紐の先生が着物のイベントをしたことと、
着物の古着屋さんが、お店を出していたため、

DSC_1706.JPG

 ↑ うっかり買ってしまった[ふらふら]
イチジクの柄のお召・・・。

今日(月曜日)は「ブルーフォークス」という、
隣町の学校のマーチングバンドが、演奏するため、です。

DSC_1733.JPG

DSC_1732.JPG

今日は、県民の日で学校がお休みだから、
駐車場の渋滞はより深刻であろうと思ったので、

臨時駐車場に車を停めました。
itomakiのおススメ臨時駐車場は、桜山Pですよ。

桜山Pから歴史館は、とっても近いのですが、
地元の人しか気が付かない、近さなんです。

DSC_1711.JPG

桜山Pに車を停めて、線路を渡り、

DSC_1713.JPG

偕楽園公園の西門に向かって歩くと、

DSC_1734.JPG

歩くと、

DSC_1736.JPG

歩くと、

DSC_1715.JPG

歩くと、

DSC_1716.JPG

歩くと、

DSC_1718.JPG

歴史館の裏門なんです。

少し歩くと、銀杏の並木道の終点に着くのです。

DSC_1720.JPG

キレイだし、紅葉が美しいのです。
駐車場待ちがイヤな方には、穴場Pです。


日曜日に、思わず買ってしまった、
イチジクの柄のアンティークの着物は、

売っている時は「柿の柄」と言っていたけれど、
実が上を向いて成るのは、柿ではないと気が付いてしまって、

イチジクでしょ?と言っても、売り子さんは
あまりピンときていないようだったのだけど、

イチジクなんて、若い人は興味ないだろうと
思ったりしました。

イチジクは、晩夏の頃に、ばーちゃんの家の庭に
なっているような気がして、

夏休みに遊びに行くと、まだ食べれなかったような・・。

よって、この着物は、羽織に仕立て直そうと思って買ったけど、
袷の羽織では、季節がちょっと合わないと考え直して、

単衣の羽織リメイクに挑戦してみようかと。
ふふふ。


それにしても、今日初めて見たマーチングバンドは、
とにかく、すごかったです。

全国でも指折りの上位校で、
今年も、もちろん、全国大会に出場なんだって。

県立高校なのに、県外からも入学希望があるなんて、
ホントスゴイ!!

演奏には、大人げないくらい感動してしまって、
一緒に行った母と、

何をやっても、楽な事なんてないよね。
結果を残すのは、大変な努力だよね。

と、きれいな紅葉に高揚し(笑)、心洗われ、
しみじみと話しながら帰ってきたのでした。

たまには、親とそんな話もいいよね。

またね。

nice!(6)  コメント(6) 

柳家花緑さんの落語会に行きました。 [平和ネタ]

こんばんわ。

落語会続きのitomakiです。

落語会も楽しみでしたが、やっぱり気になったのは
台風ですよねー。

今も、ぴゅーぴゅーザーザーと
強い風と雨の音が聞こえてきて、

なんとも表現できない不安と期待(←コラコラ)で
複雑な心境です。

明日の午前中に通過するというけれど、
案外と普通に仕事は進むことを、itomakiは学習しているから、

台風で何を期待するという訳ではないのだけど、
ワクワクしていしまうのはどうしてなのだろう・・・。

さて、そんな雨風のなか、
水戸芸術館の「柳家花緑独演会」に行ってきました。

思いがけず、チケットを譲ってもらえたので、
ラッキーって感じです。しかも、

ランチも誘ってもらえたので、
とっても、とっても楽しみにしていました。

ランチは、敷地内の中華料理やさん。

DSC_1602.JPG

 ↑ 前菜は「よだれ鳥」

よだれ鳥とは?よだれを垂らしている鳥ではなくて、
「おいしくてよだれが出てしまう鳥」なので、念のため。

DSC_1603.JPG

 ↑ かぼちゃ担々麺

これにデザートのゼリーがでましたが、
お話ししすぎて、開演ギリギリになってしまい、

急いで食べて、写真を撮り忘れました。へへ。

received_1432166996868322.jpeg


会場で花緑さんは、開演前からサイン会をしていて、
本の販売に力を入れていました(想像です)。

落語会が終わっても、すぐにロビーに降りてきて、
サイン会をしていました。

本当は、itomakiはミーハーだから、
にわかファンでも、本を買って、

一緒に写真を撮ってもらいたいのだけれども、
誘ってくれたお友達に気を使って、我慢しました。

DSC_1604.JPG

花緑さんの落語会は、今回で2回目で、
2年位前の夏に、お友達と来ていたみたいです。

その時のブログ

前座の花ごめさんは、まさかの同じ演目でした(笑)

今日のitomakiは、名もない紬と更紗の帯

IMG_20171022_182222.jpg

台風だけど、絶対濡れないで会場に着けることを
itomakiは知っているから、普通に着物で行きました。

またね。
nice!(7)  コメント(8) 

小朝&文珍 東西落語名人会に行きました [平和ネタ]

こんばんわ。

お久しぶりです。気が付けば10月で、
もう、2か月くらいサボってしまいまいた。

でも、それには、深ーい訳があって、
人生の中で、2回起らない事件があったのです。

まぁ、言い訳なのですけど、ブログを書くような気持に
ならなかった、というのが正直な所だったのですが、

いつまでも、引きずってはいられないので、

そろそろ、書こうかなと。

その事件は、少しずつ振り返りながら、
このブログにも書いていこうと思います。


さて、久しぶりに着物を着て出かけたのは、
近所の文化センターで催された、

「東西落語名人会 桂文珍 春風亭小朝」です。

DSC_1558.JPG

駐車場が混むことを予想していたitomaki達は、
2時間前に到着し、駐車場を確保し、

近くの喫茶店へ歩いてランチ。

DSC_1557.JPG

ランチ、美味しかったですぅ。
落語、面白かったですぅ。

演目は

前座  桂 竹わ    初天神(の一部)
    春風亭 小朝  皿屋敷
中入り
太神楽 柳貴家 雪之介
    桂 文珍    ??

小朝師匠は、とっても元気で、
声を出して笑ってしまいました。

時事ネタの入れ方も、ほんと絶妙で楽しかったです。

太神楽の雪之介さんは、水戸出身ということで、
頑張ってほしいなぁと、強く思います。

文珍師匠は、はじめは面白かったけど、
後半はよくわからなくなってしまいまいた。


この日のitomakiは、西陣の紬と、
唐辛子の染帯。

DSC_1553.JPG

帰る時に、itomakiの後ろにいたおばさんが、
「あ、唐辛子!」と気付いてくれたのは、いいけど、

そのあと、昨日作ったきんぴらに、
唐辛子を入れ過ぎて、辛くなったと続いたので、

ガッカリしてしまいました。そんなことあります?

そして、クリームあんみつを食べて帰りました。

DSC_1560.JPG

またね。
nice!(7)  コメント(16) 

世界の絞り展に行きました。 [平和ネタ]

こんばんわ。

お盆休みのitomakiです。
今年のお盆休みは、山の日から連続で6日間。

この時期になると、必ず戦争の話題が出てきて、
心が痛みます。

中国も韓国も、どうして反日をそんなに引っ張るの?って
思ってやみません。

敵だった国は、学校とかでも、
反日を教育しているというから、悲しい気持ちです。

本当は、日本が悪いのかどうか、itomakiは知りませんが、
itomakiは第二次世界大戦では、どこかの国が悪い、と

教えられた記憶はあまりなくて、日本のメディアなども
「すべては、戦争が悪い」とつなげているように思います。

それが日本国の教育方針なのかな?
難しいことは分からないですが、どうなんですかね?


今、文化学院服飾博物館で催されている
「SHIBORI 世界の絞り展」に行ってきたのは、

7月初旬のことで、もう、1か月も前になってしまってます。
ギャラリートークに合わせて見学しました。

DSC_1084.JPG

ちなみに「絞り染め」は英語で
tie-dyeというらしいです。はい。


そもそも、文化服飾博物館では、
財閥の三井家の着物を多く所有していて、

いつもいつも、うっとりするような展示ばかりなのですが、
今回も期待通りの「うっとり」ばかりでした。

展示は、絞りがメインで、着物は江戸後期から昭和時代。

1階では、いろいろな絞りの作業工程が映像で流れています。

「あーーーー、なるほどなぁあああ。
こうやって絞っているのか・・・」と、感動します。

2階は、世界の絞りの洋服や生地などが展示されていますが、
日本とは、感性がちょっと違うように思います。

計算しつくされた模様付けは、
日本にかなう国はありませんです。多分。

それも、まぁ、戦争の影響を受けたようなことを
言っていましたが、それはそれとして。


そもそも、「絞り」は、世界各国で、とても昔から
行われていた技法で、

染め残しを作るための方法は、多種多様。

素朴なモノから、幾何学的なもの、緻密なもの、
いろいろ展示されていました。

特に、itomakiは、絞り自体が模様なのではなくて、

絞りで模様を作って、
そこに刺繍とかをしている着物が好きです。

凝視して、時間を忘れていました。

DSC_1267.JPG

お花と葉っぱが絞りで、鶏と他の花が刺繍


DSC_1270.JPG

扇面が絞りで、絞り残しでお花にしている。


DSC_1273.JPG

この、朝顔とか、どうやってるの~~?と、

と、もう、メロメロ。


DSC_1274.JPG

世界の絞りも、これはこれでいいのですけど、
いいのですけど。

写真は、図録の写真です。

9月4日まで展示しているから、
再度、行ってしまおうかと迷っています。

あーぁ・・・(←溜息)忘れられない。


またね。
nice!(15)  コメント(4) 

松竹大歌舞伎見てきました [平和ネタ]

こんばんわ。

暑い日が続いています。
台風のニュースを聞くようになって、

え?もう、そんな時期か?と思ったりして、
季節が巡るのは早いなぁと、しみじみしちゃいます。


そんな、暑い中、近所の文化センターに
松竹大歌舞伎、見てきました。

えーと、
中村橋之助 改め八代目中村芝翫(しかん)襲名披露の会です。

同時に、橋之助の長男・中村国生が四代目中村橋之助、
二男・宗生が三代目中村福之助、

三男・宜生が四代目中村歌之助を、
あと、もう一人、誰か忘れましたが、

家族4人(+1名)で、それぞれ襲名したのでした。

中村芝翫(しかん)はさすがに上手いのは分かったけど、
他の子ども達は、itomakiは、ちょっとわかりませんです。


演目は、猩々(しょうじょう)、口上、熊谷陣屋の3つ。

猩々も、熊谷陣屋も、どちらも親子の話だから、
それを、本当の親子が演じることで、

親子で襲名披露の意味も出したりだとか、

熊谷陣屋は、成駒屋らしい古典歌舞伎と
意欲を見せていたらしいのですが、

何分、話が難しすぎて、
源氏とか、平家とか、恩とか義理とか、

ちょっと苦手です。

自分が子供の時に、
敵の大将に命を助けてもらったから、

自分が大将になったときに、敵の息子を助けるために、
自分の部下の子供を身代わりに殺すというのが、

全く意味がわからないし、
この話の、誰にも感情移入できなくて、モヤモヤです。



それはそうと、
お客さんも着物の人が多かったです。

野風さんも、いらしていると知っていたから、
探しましたが、見つけてはもらえませんでした。


itomakiは最近は、帯の位置も枕も低くして、
椅子に寄りかかりやすくしていくのだけど、

お手洗いで「帯が落ちそうよ」と言われて、

親切なお直しおばさんに遭遇してしまい、
わざと帯を下げているのに、

直されてしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]

itomakiは、結構、大きな声で
「わざと下げているので、やめて下さい」と

言ってしまって、
気まずくなるという事件を起こしてしまいました。

なんとも、気まずい空気で、
トイレ待ちの列が凍り付いたので、

急いでその場を去りました。

DSC_1250.JPG

いえいえ、分かる方だけで結構です。
美学ですから(笑)


DSC_1232.JPG

ランチは、文化センターの中に入っている、
グリル・モンマルシェという昭和感漂うレストラン。

DSC_1231.JPG

itomakiは、麻のあられ柄の着物と
同じく麻の染帯。

またね。
nice!(11)  コメント(8) 

立川志の八さんの落語会④ [平和ネタ]

こんばんわー。

今日も、午前中までは過ごしやすい気がしましたが、
午後からは、ぐんぐん夏の暑さに戻ってました。

今は、まだ、夏のわりにいい方だから、
3日連続で夜寝れそうです。


7月も末の頃になってから、立て続けに投稿して、
月の目標(5回)を達成しようとしています。


よって、今回は、7月17日(月・祝)のことですが、
毎年恒例の、立川志の八さんの落語会に行きました。

IMG_20170717_210703.jpg

itomakiのお友達の居酒屋が主催の、この落語会は、
開店の記念に第1回を開催してから、

今年は3周年だから、4回目になります。

1回目は、お店で20人くらいのお客さんで開いて、
2~3回目は、部屋続きの大家さんの部屋で開いたりして、

今回は、近くのひたちなか文化会館の大会議室で
100人のお客さんでした。

100人って、すごくないですか?

志の八、やるなー。
っていうか、ほとんどが、居酒屋のお客さんだから、

スゴイのは、お友達の居酒屋かーと思ったりして[グッド(上向き矢印)]

志の八さんも、この秋に真打昇進が決まって、
忙しくも、充実した日々をおくっているようです。

DSC_1153.JPG

itomakiは、お友達とアンティーク着物で観賞。

前の日に、必死で仕上げたジョーゼットの夏着物に
紗の朝顔の刺繍の帯。

演目は、ちりとてちん と、竹の水仙 でした。

竹の水仙は、
「左甚五郎」という彫刻家がカギを握っていて、

竹で彫った水仙のつぼみが、次の日に咲くことで、
話が展開し、オチとなります。

左甚五郎は、日光東照宮の彫刻も残していて、
存在はしたようですが、作品の言い伝えを真に受けると、

200歳くらいまで生きたことになってしまうので、
真相は明らかでは、なくなってしまい、


よって、左甚五郎は、本当に存在したのか、しないのか?と
落語の後に、ロマンを語ってくれた、志の八さんですが、

実は、会場となったひたちなか市の「酒列磯崎神社」の
拝殿には、左甚五郎作と伝わるリスとブドウの彫刻があり、

最後は、ガクっと、カッコ悪く終わって、笑いをとりました。
まさか、超地元に、そんな彫刻が残っているなんて知らず・・・。


落語の後は、恒例の懇親会で、今年はお弁当でした。

IMG_20170717_210820.jpg

お腹いっぱいで、美味しかったです。

shrine_2[1].jpg

 ↑ 左甚五郎作のぶどうとリスの彫り物


またね。

7月大歌舞伎に行ってきました。 [平和ネタ]

こんばんわ。

今日は夜になったら涼しくて、
過ごしやすいです。

雨も降ってきて、雷も鳴ってます。
庭のカエルは喜んでいるのだろうか・・・?


えーと、7月20日(木)のことですが、
東銀座の歌舞伎座の、7月大歌舞伎見てきました。

先月は、父の代わりで母と一緒に行ってきましたが、

今回、itomakiは、変わらず父の代わりで、
母も行けなくなったので、

母の代わりの方と、一緒に行ってきたのです。
「母の代わりの方」なんて、他人行儀に書いてますが、

子供のころから知っている、母の信用できる生徒です。

昼間の部の出し物は
「矢の根」「加賀鳶」「連獅子」です。

全部、海老蔵さんが出ています。

夜の部は、テレビでしばしばニュースなった
かんげん君の最年少の宙乗りが話題の

「駄右衛門花御所異聞」でした。

海老蔵さん、真央さんに見せたくて、
頑張ったんだなーと、思ったりしました。


前回は、寝坊して着物で行けなかったので、
今月は気合をいれて、着物で行きました。

DSC_1178.JPG

母の生徒とも、着物で行きましょうと約束をして、
暑いだろうけど、覚悟して出かけました。

記念だから、歌舞伎座全体が入るように
写真を撮ることになり、道を渡りましたが、

この写真を撮ってくれた、通りすがりのおばさんは、
道路にトラックが入り込むのがよくないとして、

なかなかシャッターを押してくれなくて、
「早くしてよ!」って言いかけました(笑)

DSC_1176.JPG

このおばさんは、当日券を買おうとして、
朝早くに横浜から来たけれど、

満席で買うことができなかった、と言っていました。
チケットが売り出されたのは、

真央さんが亡くなる前だからだろうけど、
やっぱり、メディアの力は大きいと思いました。


母から「弁松」というお店のお弁当を買うように
言われていたので、二人で買って食べました。

IMG_20170720_113428.jpg

今回の席は、2階の一番前列だったので、
とてもよく見えて、楽しかったです。

帰りの電車でも、
和裁の話などして、母からは聞けない話を聞いたりしました。

今までにない、とても楽しいお出かけでした。

またね。

小物はsmall goodsでよいのか? [平和ネタ]

こんばんわ。

ジメジメして、いやな気候ですよね?
しかも明日は、月曜だし、あー、ヤダヤダ。

土日の休みは、結構忙しくいしていて、
着物の事とかも、よく考えています。

今日の夕方には、フィリピン人のお友達の
パイラさんと一緒に、着付けに必要な小物を買いに

水戸駅ビルの着物売り場に行きました。

買ったのは、帯ピロー、帯プレート
ロープ、タビ、半衿、など、

一般に「着付け小物」と言われているモノたち。

じっくり見た方が良いからと思って
買わなかったのは、バックと履物、帯ピローカバーです。

買ったものは、もちろん新品だから、
先日かったリサイクルの着物と帯より高くなって、

なんとも複雑な気持ちになりましたが・・・。

itomakiが、パイラさんに教えなければならないのは、
着付だけではなくて、

正絹着物の管理とか、格(着て行ってよい場所)とか、
または、袖が長い意味とか、

そんなことも教えたいから、
英語で教えるのは、かなりの難関なのだけど、

強い見方が現れたのです。

それは、なぎなたでトロント大学から留学で来た、
日本とカナダのハーフの美香さんとお友達になれて、

さっそくface bookでつながって、
英訳のお手伝いを頼んだ次第です[手(グー)]

日本語も英語もペラペラよー。
イイ子のitomakiには、神様って、いるんだよ。ホント。

でも、itomakiが、本当に伝えたいのは、
世の中には、簡単着付けの便利Goodsが

いっぱいあるのに、
あえて、普通に着る方法を教える意味 であって、

「簡単easyに着る」というよりは、
「シンプルsimpleとか、基本的base」という着方にこだわりたい事。

itomakiのお友達の着物の先生は、
着物を3つに切って着せる方法を提案していて、

もはやそれは、誰に向けられて開発されているのか?

外国人に着せてあげるのなら、
着せれる人が普通の着物を着せればよいし、

日本の文化を理解したい外国人には、
間違ったことを教えることにつながると思う。

薄っぺらな満足でよい人向けにしかならない気がする。

そもそも、普通に着るのが一番簡単なのだから。
昭和初期まで、子供だって着ていたし。

もしかしたら、パイラさんも、
絹紅梅の着物と絽の帯(二重太鼓)より、

浴衣と半幅帯の方が簡単でよいと思われてしまうかも、
という恐怖に、とらわれながら、

あなたの着物は、「なんとか」である、と
一言で教えたいのだけど、なんだろ?

本物である、よそ行きである、
本来の着方である、beautifulである、

なんだろう?

Please teach me ㏌ English.(笑)

今日のitomaki

DSC_1078.JPG

紗の着物と百合の刺繍の帯

DSC_1079.JPG

どちらもアンティークで、
マイサイズにリメイクしたもの。

See you.

前の10件 | - 平和ネタ ブログトップ
メッセージを送る