So-net無料ブログ作成
検索選択

桜が満開の日は [着付け]

こんばんわ。

今日は、細かい雨が降っていました。
桜が満開みたいなので、市内で4か所巡りしてきました。

ということで、写真多めの更新です。

DSC_0699.JPG

旧県庁

DSC_0707.JPG

歴史館

DSC_0703.JPG

千波湖

DSC_0705.JPG

霧で霞む千波湖(笑)

DSC_0709.JPG

今の県庁

DSC_0710.JPG

霧で霞む県庁(笑・笑)


木曜日の着付け教室は、
いつも一緒に和裁をしているお友達と

「よばれた結婚式に着て行く訪問着を見てほしい」といので、

特に、帯揚げ、帯締めと、伊達衿が難しいというので、
そんなの、itomakiにだって難しいよ、と思いながら

あでもない、こーでもないと楽しく話してました。

はじめはこんな感じでしたが、

DSC_0682.JPG

ちょっと帯締めを冒険しようということになり、

DSC_0683.JPG

こんな帯締めにしたのだけど、
襟が決まらなくて、

伊達衿をつけるか?つけないか?から始まり、

妙にドンキっぽい厚紙の伊達衿が、
どうしても納得できなくて、

伊達衿は付けない方向に話は進んで行ったけど、

DSC_0685.JPG

予備に持ってきた帯揚げを、
伊達衿にすることを母が提案したら、

DSC_0689.JPG

思った以上に仕上がりがよくて、
カッコが付くように縫い付けてしまうことに。
(↑ 得意分野)


itomakiも、自由な発想では、しばしば
職場の先輩や同僚を驚かせるけど、

母も、相当のものだと、感心したのでありました。まる。

この日のitomakiは、桜の散っている紬と、花織の帯。

DSC_0687.JPG

先週は、同じ着物と更紗の帯。

DSC_0673.JPG

桜の帯留めと三味線の根付。
桜が満開の日は、散ってる桜がいいと信じてます!

またね。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。