So-net無料ブログ作成

4月だから鱗 [着物のこと]

こんばんわ。

今日は、GWの2日目だったけれど、
本業の方で、仕事でした。

気温もかなり上がってきて、真夏日になったところも
多かったと、ニュースで言っていました。

それでもまだ、この辺りは25度くらいかな~。

4月の3週目には、以前からやってみたかったことをして、
それは、季節のコーディネート講座なのだけど、

雨の対策とか、単衣に向いている着物とか、
夏のモチーフの勉強会をしましたのです。

DSC_0741.JPG

普段着は現代もモノの綿麻とアンティーク、
礼装は、現代モノの紗合わせを飾って、

夏の着物の織と素材のことにも触れました。

DSC_0755.JPG

生徒は本当はどう思ったのかわかりませんが、
itomakiの趣味に付き合ってくれたので、

とても感謝しています。

講座の後はランチに言って、
きもの談義を皆でして、楽しい時間を過ごしました。

生徒のコーディネートのこだわりを聞くのも
楽しかったです。


この日のitomakiは、結城の単衣の着物と、
こどもの日を意識したオモチャの帯。

DSC_0751.JPG

帯揚げは鱗にしたのだけど、
生徒に説明するのを忘れてしまいました。

全体に、ちょっと白っぽくなってしまったのは、
理由があって、

前の日に、数少ない着物友から、
沖縄三味線の発表会に来てほしいと言われたので、

結城の着物とキレイな緑の麻の葉の帯で行ったのだけど、
あまりにも着物の色が濃くて、

DSC_0739.JPG

ちょっと春っぽくないと後悔したので、
単衣で白っぽくしたら、全体に白くなり過ぎた、という訳です。

それでも、着物友は、itomakiの着物を見て、
「あ、結城・・・」と言ってくれたので、

色はともかく、結城を着て行ってよかったと思ったのですが・・。

次回の講座は7月予定なんです。
ぼちぼち内容を考えるつもりです。

またね。

第16回茨城キモノジャックの宣伝 [茨城キモノでジャック]

こんばんわ。

第16回 茨城着物ジャックのお世話係のitomakiです。

私のブログにある「茨城着物ジャック」のページを開いてくださり、
ありがとうございます。

次の茨城キモノジャックは、あじさいまつりです。

着物であじさい見物もイイものですよね?

キモノジャックとは、単に着物を着て決められた場所に集合し、
写真を撮って解散するだけの集会です。

ぜひ、着物を着るための理由付けにしてお友達と参加し、
食事や買い物を着物で楽しんでほしいです(笑)

質問等もお受けしますので、下のコメント欄をお使いください。

kimonojack17.jpg



 日にち   2017年 6月 11日(日)
 集合場所  水戸八幡宮
       水戸市 八幡町 8-54        
 集合時間  14時~14時30分
 駐車場   敷地内に専用駐車場があります 
 その他   あじさいまつりを開催中です

 アクセスは水戸八幡宮のHP が分かりやすいです。
     ( ↑ リンク貼ってあります)

また、この時期は、水戸市芸術祭が開催中ですので、
芸術館、文化センターなどでイベントが開催されています。

6月11日は、
「みとプラザ交流センター」(水戸市五軒町)で
9時30分~ お茶会も開催されていたり、

保和苑でも、あじさいまつりのオープニングセレモニーに
大抽選会なるものも企画されています。

保和苑から水戸八幡宮に向かって
ロマンチックゾーンを歩くのもよいと思います。
( ↑ マップのリンクが貼ってあります)

ですから、この日は朝から着物を着て、
いろいろな所に出向き、お昼を食べたら、

ぜひ、着物で水戸八幡宮にお越しいただきたいと思います。

私は、暑ければ夏物の着物で行こうと思っています。
また、天気も気になるところです。

一応、企画では、雨天決行ですが、
気持ち的には、小雨決行くらいです。

その辺りは企画側の大人の事情であり、
晴れることを祈るばかりです。

八幡宮のあじさいまつりのYouTubeを見つけたので、
貼っておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=XQ873eBzvzw

https://www.youtube.com/watch?v=-6_nfSrfh88

ちなみに今日は、こんな感じです。あと2か月。

DSC_0770.JPG

■このイベントを開催するにあたり、事件・事故等の責任は一切負いかねますのでご承知ください。
■神社(庭)の入場料、参加費など徴収することはありませんが、参拝、ご祈祷をされる場合は自己負担となります。

県内で、キモノジャックができそうな場所やイベント、
趣のある街並みなど、ご存じでしたら、是非お知らせください。

そちらもよろしくお願いします。

またね。

柄合わせをあなどれない [山本和裁研究学院]

こんばんわ。

最近、朝だけなのだけど、庭でうぐいすが鳴くのです。
でも、ちょっと下手くそな鳴き声なので、

きっとモテないうぐいすなのかな?って思ってニヤニヤします。


週に1回ですけど、和裁教室には、ちゃんと通っていて、
でも、おしゃべりばかりしてしまうので、

なかなか進まないでいますが、
彼のお母さんの夏物の着物を男物に直し中です。

DSC_0402.JPG

身幅を広げて、脇をクケルところまで終わって、
いよいよ袖をつけるところなのですが、

袖丈が、1尺1寸しかないので、
彼にはちょっと短すぎるとは気づいていて、

でも、もうどうしようもないから、縫い代分くらいだして、
ギリギリ1尺1寸5分ってところかなと思ってました。

袖丈が普通より5センチ以上短いことになるけど、
多分、「短いからおかしいよ」と言わなければ、

本人も気がつかないだろうから、ごまかそうと思ったのです。

でも、天の神様は見放さなかったです。
なんと[exclamation]共布で、敷当てがついていたのです。

これを剥いで、袖丈を伸ばせば、
男物の標準寸法には、十分なるはずなので、

袖口をクケたりするのは面倒だけど、
敷当てを袖に足すことにしました。

DSC_0765.JPG

敷当てというのは、お尻とか足とかが透けないように
当てておく布のことで、

普通は白い布を縫っておくことが多いのだけど、
たまたま、30センチくらいの共布を使っていたのです。

自分の着物に仕立てるのならば、
お尻に当たっていた布を袖には足さないけれども、

彼の着物だし、背に腹は代えられないということで、
袖に足すことにしました。

始めは、細かい柄だから、適当に足してしまったのだけど、

DSC_0403.JPG

唯一の和裁友が、遠目で見た時に、
斜めの線がズレるのが気になるというので・・・

斜めの線・・・?

遠目でよく見てみると確かに、
近くで見るのとは、違う模様が浮き出てきて、

近くでは、白抜きの十字みたいな柄だけど、
遠目では、ダイヤの中に丸い模様というか、

斜めの線が交わているように見えてきて、
これは柄を合わせないと、遠目では目立ってしまうと思い、

改めて柄を合わせて足しました。

DSC_0766.JPG

ほら?あなたも、見えてきたでしょ?
斜めの線が・・・。

気が付いてヨカッタです。

次に仕立てるものは、まだまだあるので、
頑張ってGWまでには仕上げたいなぁ。


そういえば、このブログを読んでくれて、
母に和裁を習ってくれた方がいらして、たいへん嬉しいです。

ちなみにitomakiの着付け教室には、
全く問い合わせはありません[バッド(下向き矢印)]

と、ヒガんだことを書いてみたりして・・・。

またね。

たねやの和菓子に負けない [平和ネタ]

こんばんわ。

itomakiは元気です。
仕事が忙しくて、昼間の気温が上がっても風が強くても

春を感じられないでします。
桜はすっかり散りましたが、週末が2回満開で楽しめたのは、

なかなか無いことだと思ったりしてました。
でも、散る時はあっという間ですねー。


さて、前回の記事のコメントでアーミーさんに、
芸術館での催しを教えていただいて、

日曜日に行ってきました。

この日の午前中は、前からのitomakiの生徒を集めて、
プチイベントを開いていたのですが、

DSC_0743.JPG

すっと前から考えてた企画なのに、
今後の課題の方が大きく感じられて、

少しの間落ち込んでいましたが、
そんなことはもう忘れてしまいました。

次に向けて、また、案を考えておりますです。
itomakiってば、なんて前向き[ひらめき]

このことは改めて、一つの記事にするつもりです。はい。



午後からは、皆でお昼を食べて、
その後、期間限定のアンティークショップに行ってきました。

なんかさぁ、ホント、itomakiは意志が弱いから、
つい、買ってしまったです。

絽の帯の・・・手刺繍の・・・コレ。

DSC_0756.JPG

こんな可愛いの、誰が着るんだろうと思うけど、
「私が着る」と勇んでおります。

帯幅が8寸3分しかありませんで、
裏を付けたら、帯幅が狭くなってしまうから、

DSC_0757.JPG

どうやって仕立てればいいのだろうと、
父に相談したら、

「これは、このままでいい」のだそうで、
それが正式な使い方だ、と自信を持って言ってくるので、

耳の所とか、穴が空いてるけど、
それでもいいの?と聞いても

刺繍をするときに張った穴だから、
そのまま使うのだ、と言い切るので、

信じることにしました。

お店のおばちゃんは、
「裏が付いていたけど、何かの理由で外してしまっていて、

アンティーク好きな人は、穴なんて気にせずに、

このまま締めちゃうのよ。
現代モノの着物の人には、わからないだろうけど」と、

ちょっと挑戦的なことを言われ、
「私がこの帯を買うのが嫌なわけ?」って、思わされたり、

他のお客さんにitomakiの着物を指して、
「あの人のような白い着物」などと言ったり、

「よく見るとあなたの帯、可愛いわね」なんて、
なーんだか、ちょっと気になるタイプの店主に

モヤモヤを感じながらの買い物でした。


どっちにしても、このままでイイのなら楽ちんだし、
早く、夏物の季節にならないかな~。なんちって。


そのあと、芸術館に行って、

藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察

を見てきたのですが、この催事と、
「たねや」の関係がどうしてもわかりませんでした。

DSC_0747.JPG

見に行ったのは、「たねや」の社長がコレクションしている
志村ふくみさんという、人間国宝の紬の着物作品なのです。

5枚くらい展示してあったように思います。

なんというか、想像力をかき立てられるというか、
美しいグラデーションに見とれるというか、

見に行って、よかったね、って、
お友達と話しながら、

DSC_0748.JPG

たねやのお菓子を一つ食べました。

DSC_0749.JPG

無料カフェが併設されていて、

買ったお菓子をすぐに食べれるのです。

和菓子はいっぱい買ってしまったけれど、
水曜日の人間ドックが終わるまでは、

冷蔵庫で保管するつもりです。

アーミーさん、教えてくれてありがとうございました。
楽しみましたー。また、教えてください。

またね。

桜が満開の日は [着付け]

こんばんわ。

今日は、細かい雨が降っていました。
桜が満開みたいなので、市内で4か所巡りしてきました。

ということで、写真多めの更新です。

DSC_0699.JPG

旧県庁

DSC_0707.JPG

歴史館

DSC_0703.JPG

千波湖

DSC_0705.JPG

霧で霞む千波湖(笑)

DSC_0709.JPG

今の県庁

DSC_0710.JPG

霧で霞む県庁(笑・笑)


木曜日の着付け教室は、
いつも一緒に和裁をしているお友達と

「よばれた結婚式に着て行く訪問着を見てほしい」といので、

特に、帯揚げ、帯締めと、伊達衿が難しいというので、
そんなの、itomakiにだって難しいよ、と思いながら

あでもない、こーでもないと楽しく話してました。

はじめはこんな感じでしたが、

DSC_0682.JPG

ちょっと帯締めを冒険しようということになり、

DSC_0683.JPG

こんな帯締めにしたのだけど、
襟が決まらなくて、

伊達衿をつけるか?つけないか?から始まり、

妙にドンキっぽい厚紙の伊達衿が、
どうしても納得できなくて、

伊達衿は付けない方向に話は進んで行ったけど、

DSC_0685.JPG

予備に持ってきた帯揚げを、
伊達衿にすることを母が提案したら、

DSC_0689.JPG

思った以上に仕上がりがよくて、
カッコが付くように縫い付けてしまうことに。
(↑ 得意分野)


itomakiも、自由な発想では、しばしば
職場の先輩や同僚を驚かせるけど、

母も、相当のものだと、感心したのでありました。まる。

この日のitomakiは、桜の散っている紬と、花織の帯。

DSC_0687.JPG

先週は、同じ着物と更紗の帯。

DSC_0673.JPG

桜の帯留めと三味線の根付。
桜が満開の日は、散ってる桜がいいと信じてます!

またね。

「モリ袖&ヌキ襟」が気になる [平和ネタ]

おはようございます。

休みの日に珍しく早起きしているitomakiです。
掃除も済んでいるので、余裕の朝でやんす。

テレビで、GUのCMを見ました。。
モリ袖とヌキ襟・・・。気になります

盛り袖と抜き襟と思うけど、
モリとヌキが、カタカナなのも、ちょっと気になります。

それは、itomakiも多分カタカナで書いていしまいそうだからです。
漢字で書かない意味が分かるような気がするし。

それはまぁ、いいのですがGUのリンクを貼っておきます

GUへのリンク

昨年のGWごろ、itomakiは、こんなブログ書いてました。

洋服でも衣紋が抜ける

きっと、この「ヌキ襟」なるものは、
とっても楽ちんなのではないか?と思ったりして、

皆の評価が気になるところであります。


それと、2月のイベントのこと書き忘れていたので、
書いておきます。今頃ですが・・・。

お出掛けしたのは、県立歴史館の
「イカラカラ・アイヌ刺繍の世界」です。

DSC_0427.JPG

しかも、「アイヌ文化と常陸の国・水戸藩」という
講演会にも行きました。

かいつまんで講習会の事を書くと、
一つは、アイヌは北海道の原住民みたいに言われてるけど、

昔は、北関東くらいまでは住んでいた、という仮説があって
茨城(常陸の国)でも、アイヌ語と思われる土地名が、

今も残って、普通に使われてるのだとか。


もう一つは、水戸黄門様が、船を作って、
北海道の調査を推奨したので、

江戸時代ごろの北海道の様子が、
水戸藩に残っているのが、たいへん貴重な資料なのだとか。

石狩川広サ 那珂河よりも広く御座候、深も同由に申候
石狩川ハバ二丁バカリ、流ハ取手川ヨリノロシ

石狩川を那珂川より広く深く、
利根川(?)よりゆっくり流れてる、と、

基準が茨城で、少し笑えます。

前も書いたけど、水戸藩が船を作れたのは、
他の藩が船を作ると、謀反になりがちだけど、

御三家だから、作れたと言っていたし、黄門様はスゴイな。

展示の方は、たくさん見ることができて、
縫製と裁ちは日本の着物に近いのに、

柄はロシアに近いから、面白いなぁと思いました。

DSC_0434.JPG

 ↑ ロシア側の島の服

ロシアの服は、今着ている洋服と同じで、
前身頃と後ろ身頃がバラバラに切っていて、

ラグラン袖みたいにつながっているけど、

アイヌの服は、前身頃と後ろ身頃は肩に縫い目はなくて、
背中と脇が縫い付けてあり、袖が別付けになってました。

それと、着るものだけでなく、
首飾りや、耳飾りも、とっても綺麗でした。

和裁学校の友達は、北海道で展示を見たけど、
その時よりも、沢山見ることができた、と言っていたし、

職場で見に行った同僚も、
柄とか模様にかなり興味が沸いたみたいでした。

忘れないうちに書けて良かった。
早起きできたから・・・。

またね。
メッセージを送る