So-net無料ブログ作成
検索選択

東山魁夷展に行きました。 [平和ネタ]

こんばんわ。

今日は、久しぶりに雨が降りました。
これからは、雨が降るたびに、徐々に徐々に

暖かくなっていくと思うと、ホッとします。

茨城出身の稀勢の里も、優勝できたし、
新横綱の優勝は、貴乃花以来22年ぶりというから、

日本人の久しぶりの快挙で見事な逆転優勝でした。

今までは、精神面が弱くて
なかなか優勝できないと言われていたのに、

横綱になってからは、強い精神力と言われたりして、
メディアって、本当に勝手ですよね。

北朝鮮の金三男も、以前は強面の映像ばかりだったのに、
殺害されてからは、朗らかな映像が多くなったし・・・。


さて、小雨の中、近代美術館
東山魁夷展に行ってきまいた。

彼のお父さんが、見たいというので、
彼のお母さんの形見の着物を着て行きました。

DSC_0653.JPG

丈がかなり短いので、おはしおり辺りで細工をしたので、
モコモコして、いつもの様ではないですが、

春っぽい、よい着物と思ったし、
少しの雨でも、気にすることなく着れると思ったので、

傘をさすかどうか、迷うくらいの軽い気持ちで歩いたら、
彼のお父さんには、

「きちんと傘をささないと、濡れたらもったいない」と
注意されたりして、

あ、そうだった、そうだった、と反省しました。


東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展

どうですか? ↑ このロゴ・・・。

itomakiは、東山より後は、目が流してしまって、
どう読んでいいのか、考えるのも面倒でした。

ちなみに、itomakiのような方のために説明すると、
東山魁夷(ひがしやまかいい)という画家がかいた、

唐招提寺(とうしょうだいじ)というお寺の
御影堂(みえいどう)という建物の

障子とか壁の絵の本物が展示された、ということです。
確かにそうだけど、漢字が並びすぎて、目が拒否ってました。

でもね、でもね、本当に素敵でした。

色の数は、とっても少ないのだけど、
水墨画に近いような感じなのだけど。

行ってよかったです。

桂林などの水墨画もよかったですが、
海の青色も、とても素敵で、

シャガールのような青い夜にも似た
引き付けられ方です。

特に濤声(←読めない)と、山雲という作品・・・。

シャガールより絵自体はかなり大きいから、
ちょっと規模は違うけれど、

ずーっと、見ていたい気持ちになりました。

やはり本物には、レプリカにない
深みとか、渋みとかがあるのだと思いましたよ。

DSC_0655.JPG

クリアファイル買ってしまった・・・。
でもね、こんなんじゃないんですよ。

「障子は本物だけど、柱はどうなのかな?」と
彼に聞いたら、「柱は偽物でしょ?

柱も持ってきたら、御影堂はつぶれちゃうでしょ?」と、
なんと説得力のある答え!

それにしても、本当に、本当にずっと見ていたくなるのです。
自分の語彙の少なさが、情けないですが、本当です。

2月から展示していたのに、
もっと早くいけばよかったと、後悔するくらいです。

4月2日までか・・・。今日は混んでいたから、
平日にゆっくり、じっくり見てもいいかな・・、と。

またね。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。