So-net無料ブログ作成

倉吉絣の里を訪ねる [平和ネタ]

こんばんわ。

気が付けば3月で、暖かくなったような気持が
しないでもないけど、でもまだ寒いこの頃です。

このブログは着物のブログだけれども、
両親と、ちょっと旅行に行ってきたので、

そのことを書きますです。行ったのは、鳥取県です。

DSC_0573.JPG

鳥取県といえば、弓浜絣と倉吉絣ですよねー。
ですよねー、ねー。

それと、カニですよねー。ねー。

一泊二日だから、観光は2か所しかできなかったけど、
カニを食べることが目的だったので、

行きたかった倉吉と砂丘には行けたので良かったです。


倉吉を語るには、まず、大阪の豪商(呉服)の
「淀屋」を語らくてはならないので、簡単に書くと、

淀屋の番頭さんが、倉吉でもお店をしていたってことで、
それは、大阪のお店が、とても儲かるので、

いろんな理由で、お店を分けていたらしいです。
悪いことを企んでいたのではなくて、

ちゃんと商売をしていて、米とか呉服とか綿花とか、
あとは、農民のために鉄製品の画期的な脱穀機(?)を

開発して、かなり遠くまで売りに行って、
農民には、かなーり喜ばれたらしいです。

と、観光客向けの講談師のオバチャンが言ってました。

で、まぁそんな環境の中、倉吉では、
綿の織物が盛んになったのが、倉吉絣なんですって。

DSC_0492.JPG

町としては、かなり栄えたらしくて、
白壁土蔵と赤瓦がきれいな街並みが今も残っていて、

DSC_0497.JPG

観光客も多いし、改装も昔のように復元したりして
保存にも力を入れてる感じでした。

DSC_0495.JPG

倉吉紬も、気に入ったら買いたかったけど、
あまり反物は扱っていなくて、

テーブルセンターとか、コースターとか、
お土産が多かったです。

岩手の紫根染めも、山形の紅花染めも、
川越の唐桟も、新潟の(いろいろ)織も、

買う気満々で行くけど、案外反物ではおいてなくて、
買えなかったりしますけど、今回もその類にもれず、

倉吉絣、GETならず・・・でした。

この日は、旅館に行って、
夕食は、松葉カニを沢山、沢山食べて、寝ました。

DSC_0512.JPG


次の日は、砂丘に行くことにしたので、

DSC_0541.JPG

また、倉吉まで戻ってそこから山陰本線に乗り

DSC_0542.JPG

鳥取駅まで特急スーパーはくとで移動しました。

DSC_0545.JPG

木の背もたれが、なんともノスタルジック

そこからまた、バスにゆられて、
1時間くらいの砂丘観賞。

DSC_0560.JPG

風紋

DSC_0565.JPG

黄色の←は何万年も前の火山灰。
塊ではなくて、鉛筆の削り芯みたいな粉で、

砂とは重さが違うから一か所に集まっている、
と思われる。

DSC_0563.JPG

軽く迷子になってしまい、クイの番号を確かめに行く父。

昼食は、思いもよらず、お得で美味しい海鮮丼。

DSC_0570.JPG

そして、帰路についたのでした。

鳥取県、初めて行きましたけど、
美味しくって楽しくって、

お店の人とかが、みんな親切だったように思いました。

またね。



メッセージを送る