So-net無料ブログ作成

七五三のディスプレイに釘付け [着物のこと]

こんばんわ。

すっかり秋が深くなって、
朝夕が寒くなってきてしまいました。

日が暮れるのも早いです。
6時には、真っ暗だから、がっかりします。

いつの間にか虫も鳴かなくなっているし。

早稲の栗もあまり食べないで終わってしまいました。
茄子もいよいよ成らなくなってしまったし、

冬が・・・・怖いです。

10月になって、着物はよいペースで着ています。

15日は、用事があって本校に行きました。
石田先生の研修もあったのだけど、

違う用事で上京して、本校には寄っただけです。

ですが、お店のディスプレイが
とっても可愛くて、可愛くて、

DSC_0046.JPG

久しぶりにテンションアップです。

打掛も、珍しい感じがするし、
とにかくカワイイかったです。

DSC_0048.JPG

着て行った着物も帯も、
スタッフのみーんなに褒めてもらって、

ホントに気分がよくなってしまいました。

着物は頂いたもので「結城紬」。

DSC_0057.JPG

単衣だったのだけど、墨色の裏を付けて、
袷に仕立てなおしたもの。

本場の結城紬か、アヤシイと思っていたけれど、
スタッフの人が、「本物と思われる」と言ってくれたので、

信じることにしました。

帯は首里織で、ひとめぼれしてしまい、
らくやで購入したもの。

高価だったから、迷って迷って、らくやで買ったから、
さすがにスタッフも覚えていて、

とにかく褒めてもらって、アフターフォローもバッチリ。
(「アフターフォロー」は↑こんな時にも使います・笑)

久しぶりに行ったからかもしれないけれど、
ちやほやしてもらって、とってもよい気分になりました。

秋が終わったら、本校に通って、
意識が高く保たれるよう、刺激してもらわなければ[手(グー)]

楽しかった、楽しかった。
石田先生の研修も出たかったけれど、

本当の用事と時間がかぶってしまったから仕方ないです。

お昼も、時々テレビで紹介されるお店に行ってみたら、
その日は、たまたま空いていたみたいで、すぐに食べれるし。

DSC_0049.JPG

上京の本当の理由は、コレ↓でした。

DSC_0050.JPG

ラジオの公開収録です。
変なことにハマってしまってます(笑)

ウエストランド熱は冷めず・・・。

またね。

バロック音楽を聴いてみました。 [平和ネタ]

こんばんわ。

あー、連休終わっちゃいました。
もう、何を支えに仕事をすればいいのか、

わからないです(←大げさwww)

今月はよいペースで着物を着ていますが、
この後は、休日出勤が多くて、あまり着れない予感です。


日曜日は、水戸芸術館で催された
「イザベル・ファウスト&クリスティアン・ベザイデンホウト」の

コンサートに行ってきました。

DSC_0037.JPG

バイオリンとチェンバロの「二重奏ソナタ」(っていうの?)
です。itomakiは、クラッシックとか、ソナタとか、

ぜんぜんわかりませんです。
プログラムではバッハた多かったです。

でも、行きたがっていた彼は、満足していたようで、
私の質問を答えるのが、面倒ぽかった。

itomakiの勉強不足ということですけど、

チェンバロって、なんか、こう・・・
いいよね。言葉が貧困過ぎで申し訳ないけど、

なんか、こう・・・いいよ。うん。

バイオリンと合わせると、
「独創的」とでもいうのか、なんというか・・

もう、わからないから、やめますけど、

これが「珠玉のバロック」ということは覚えましたです。

DSC_0041.JPG

クラッシックのコンサートだけれども、
着物を着ている人がitomakiの他に3人見つけました。

もっと増えて欲しいと思って止みません。
落語の時はもう少し多かったように思います。

このコンサートに満足したことをツイートしたら、
水戸芸術館のコンサートホールのツイッター(公式)が、

リツイートしてくれたので、ちょっと嬉しかったです。

ふふふ。

またね。

隠れ家でランチ [平和ネタ]

こんばんわ。

今日も雨です。
3連休の初日ですから、もったいない・・。

でも、何もしなくていいから、ちょっと楽でもあります。
へへへ。

今日は、午前中は水戸芸術館ACM劇場主催の
ワークショップに行ってきました。

広告の内容から、ヨガと勝手に思っていましたが、
そうではなくて、

DSC_0035.JPG

こんな感じの、劇団四季とかコーラスラインとか、
声歌担当とか、身体担当とか、

さすが劇場のワークショップ。
場所も、リハーサル室という普通の人はいけない場所でした。

今日は基礎コースで、明後日は応用コースに参加します。
楽しみ、楽しみ。


えーと、隠れ家でランチとは、
組紐の先生からお誘いして頂いて、

普通のお家の人が凝った料理を提供してくれるランチ会で、
珍しい食材を使って、おもてなししてもらいました。

場所は内緒で、ブログ等にも掲載拒否ということで、
何故なのか?はよくわかりません。

世界の各地で料理の修行をしてきたようなのに
何故、内緒なのか?何故、本業にしないのか?

不思議・・・・。

お部屋は料理屋さんの個室みたいで、

DSC_0008.JPG

お水は香水(←こんな字?)

DSC_0017.JPG

前菜

DSC_0013.JPG

スープ

DSC_0015.JPG

お肉は鹿で、デミグラスソースは手作り。

DSC_0018.JPG

鹿の肉は半身買って、満足できるまでの下ごしらえや

デミグラスソースのこだわりを語ってましたが、
そのこだわりの意味は、itomakiには理解不可能で、

お寿司のネタも、かなりのこだわり。

DSC_0019.JPG

キャビアは、しょっぱいモノが多いので、
業者に指導して売り出したら、それが世界で

DSC_0022.JPG

ヒットして注文が間に合わないのだとか。
ちょっと、理解不能。

なんで、そんな人が水戸にいるのか不思議。

でも、皆、人見知りなitomakiに優しくしてくれて、

女子8人で、ワイワイ、きゃーきゃーと
楽しんできました。

みんな着物で参加したので、それも楽しかったです。

DSC_0030.JPG

itomakiは、名もない紬(仕立ては胴抜き)と、
更紗の染帯を、低めに締めていきましたが、

色無地に袋帯とか、紬でも大島とかで、
もっと、いい服を着て行けばよかったと思ったけど、

みんな素敵と言ってくれたから、まぁいいか。

DSC_0032.JPG

またね。

汚れてもよい服なんてない [平和ネタ]

こんばんわ。

すっかり秋になってしまって、
日が暮れるのが、ホント早いです。

少し前までは、6時半なんて明るかったのに、
もう、あっという間に暗くなっているので、

寒くなるのが怖いです。
やだなー、寒くなるの、やだなー。

話題の、築地の豊洲移転の話は、同情します。
itomakiの職場も、同じような事が起きていそうだから(笑)

怖い、怖い。台風も怖いな。


さて、何かのイベントに参加するときとかに、
「汚れてもよい服で」と言われたことがありますが、

・・・それは、山登りとか、BBQとかですが・・・

汚れてもよい服って持ってないです。
特に着物では、itomakiは持ってないです。

キャンプとかで、汚れてもよい服を着て行くけど、
基本的に汚れるのは嫌だし、汚れが落ちなかったら、

捨てるしかなくなってしまいます。

先日職場の先輩が、
「itomakiちゃんは、家で何を着てるの?」と聞くので、

「スエット。」と答えたら、「そうだよね」というので、
「ほかに何かあるの?」と聞き返したら、

家にいるのに、きちんと服を着ている人がいるらしい、
家にいるのに、外に着て行けるような服を着ている人がいるらしい、

という話で、少し盛り上がってしまった。

汚れてもよい服を汚してしまったら、
家で着ているのだろうか?でもそれでも、

出かけるときに着替えなければいけなくなったら、
スエットでも同じではないか?と

どうどう巡りに陥ったけれど、

汚れてもよい服なんて、職場の制服くらいかな?

スエットだって、できれば汚したくないのだから。
スエットで出かけることはないから、

多少の汚れやほつれは、気にしないでいられるけど、
普通の服は、そうはいかないです。

それと、着物になると、もっと深刻です。

「汚すかもしれないから、普段着で来てください」
という連絡がきても、意味が全くわからないです。

普段着でも礼装でも、汚してしまったら手入れは同じだし。

そうは言っても、

汚したらいけない、なんてルールを強いられながら、
着物で出かけるのは窮屈、とか

汚れないようにすることに疲れるから、
着物では出かけない、ということとは問題が違って、

日常生活においては、
汚れてしまうかもしれないけれども、

それでも、おしゃれをして出かけたくなってしまうのが
人情ってことだと結論つけましたです。

着物でも洋服でも、それは同じですよねー。
自分を表現するのに、それでいいか?ってこと[ぴかぴか(新しい)]

またね。
メッセージを送る