So-net無料ブログ作成
検索選択

7月大歌舞伎に行ってきました。 [平和ネタ]

こんばんわ。

今日は夜になったら涼しくて、
過ごしやすいです。

雨も降ってきて、雷も鳴ってます。
庭のカエルは喜んでいるのだろうか・・・?


えーと、7月20日(木)のことですが、
東銀座の歌舞伎座の、7月大歌舞伎見てきました。

先月は、父の代わりで母と一緒に行ってきましたが、

今回、itomakiは、変わらず父の代わりで、
母も行けなくなったので、

母の代わりの方と、一緒に行ってきたのです。
「母の代わりの方」なんて、他人行儀に書いてますが、

子供のころから知っている、母の信用できる生徒です。

昼間の部の出し物は
「矢の根」「加賀鳶」「連獅子」です。

全部、海老蔵さんが出ています。

夜の部は、テレビでしばしばニュースなった
かんげん君の最年少の宙乗りが話題

「駄右衛門花御所異聞」でした。

海老蔵さん、真央さんに見せたくて、
頑張ったんだなーと、思ったりしました。


前回は、寝坊して着物で行けなかったので、
今月は気合をいれて、着物で行きました。

DSC_1178.JPG

母の生徒とも、着物で行きましょうと約束をして、
暑いだろうけど、覚悟して出かけました。

記念だから、歌舞伎座全体が入るように
写真を撮ることになり、道を渡りましたが、

この写真を撮ってくれた、通りすがりのおばさんは、
道路にトラックが入り込むのがよくないとして、

なかなかシャッターを押してくれなくて、
「早くしてよ!」って言いかけました(笑)

DSC_1176.JPG

このおばさんは、当日券を買おうとして、
朝早くに横浜から来たけれど、

満席で買うことができなかった、と言っていました。
チケットが売り出されたのは、

真央さんが亡くなる前だからだろうけど、
やっぱり、メディアの力は大きいと思いました。


母から「弁松」というお店のお弁当を買うように
言われていたので、二人で買って食べました。

IMG_20170720_113428.jpg

今回の席は、2階の一番前列だったので、
とてもよく見えて、楽しかったです。

帰りの電車でも、
和裁の話などして、母からは聞けない話を聞いたりしました。

今までにない、とても楽しいお出かけでした。

またね。
nice!(9)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 8

pn

青系似合うよね(^-^)
by pn (2017-07-25 23:33) 

サザエ

良いな良いな~着姿を撮ってくれる人が居て^^
でも、たしかに、お二人の後ろにトラックが通ったら、
また違う雰囲気の写真になったかと。。( ゚Д゚)
待てて良かったですね。。( *´艸`)
by サザエ (2017-07-26 11:20) 

itomaki

pnさん、ホントですかぁ?嬉しいですぅ。
欲張るとすると、itomaki的には、薄紫のイメージのする女性を目指しているのですが・・・(笑)
by itomaki (2017-07-26 16:32) 

itomaki

サザエさん、だってねー、スマホが熱くなってしまって、電源が落ちてしまうくらいスタンバっていたんですよー。
歌舞伎座がとても大きいのがわかるけれど、もうちょっと引いて撮って欲しかったし・・・。
by itomaki (2017-07-26 16:34) 

野風

7月歌舞伎行かれたんですね~
いいなあ。

海老蔵さん、最愛のまおちゃんを亡くされて辛いでしょうにね。

私は今月は行けないのですが、来月行く予定です。
あ、水戸にも行きますよ~松竹歌舞伎。
by 野風 (2017-07-27 10:21) 

itomaki

野風さん、海老蔵さん、少し痩せたのか、顔とかさらに細くなったような気がしました。
私も、文化センターの歌舞伎、行きますよー。お会いできるといいですね。探しますね[exclamation]
by itomaki (2017-07-28 14:09) 

野風

松竹歌舞伎の帰り道、お茶して、実家へ寄って、ただいま帰宅です。
itomakiさんもいらしていたんですね!!

お着物の方も結構いらっしゃいましたね。
でも、いらしてるとわかってれば、探したのですが、うーん。残念でした。お会いできずに。

いつ見ても、歌舞伎のお話は女子供が犠牲になって、切ないですね~
by 野風 (2017-07-29 19:44) 

itomaki

野風さん、今回もニアミスだったのですね。残念でした。
でも、次回、必ずお会いたいです。
by itomaki (2017-08-06 22:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る