So-net無料ブログ作成
検索選択

座れない着物 [着物のこと]

こんばんわ。

忙しい日々を過ごしていました。
いつの間にか梅雨入りしていて、

キモノジャックも明日になっていました。

今週は、先々週に買ったアンティーク着物

DSC_0906.JPG

明日のジャックにこの↑コーデで着て行くために、

ほぼ毎日、和裁教室に通い詰めていました。

DSC_0905.JPG

直したいのは、身丈を伸ばすために、
打ち上げを解いて、襟を付け直すという作業ですが、

ついでなので、袖付け 5寸5分を6寸、
身八ツ口 3寸5分のitomakiサイズにすることです。


itomakiは、今までになく頑張りました。
でも、あることに気付きました。

それは、もともと縫ってあった糸が、
だいぶ弱っていて、

解いていると、プチプチ糸が切れてしまう、ということ。

それでも、今日中に仕上げるという目標があるから、
気付かないふりをして、縫いなおしていましたが、

先生(母)に
「座ったりしたら、お尻が破けるわよ。」と脅されて、

不安を覚えながらも、今日の夕方まで頑張りました。

そして、袖も、持っていないくらい長いから、
肌襦袢に即席の袖を縫い付けて、

DSC_1037.JPG

衿を付ければ、完成という時、

DSC_1035.JPG

「もういいから、これを着て行きなさい」と、
グレーの着物を渡されて、

あんなに頑張ったのに、どうしてitoamkiはこんなに
意志が弱いのだろうと、自分に呆れながら、

アンティークは放置して、
グレーの着物を持ち帰ってしまいました。

それでもitomakiは言いたいです!

「いい着物なんて、着なくていいんだよ。
着たいものを着て行きたいのだから。

このプリティな、プリティなのを着たいの」

その言葉をかみ殺してでも、
衿付けの面倒さに負けてしまったのです。


ちなみに書いておきますが、
彼の着物のお直しは、ちゃんと仕上げましたよ。

彼のお母さんの着物の仕立て直しは明日、彼が着ますよ。


さて、itomakiは、帯は何を締めて行こうかな?(←ゲンキン)
ジャックの後にお茶会があるから、

座れないと困るので、仕方ないのです(笑)

またね。
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 4

pn

そーなんですお縫い直しの時の既存の糸、けっこう問題。座れないのはやっぱマズいっしょ(^_^;)。
これ着た姿はおあずけって事ですね、それはそれで楽しみです♪
by pn (2017-06-11 06:16) 

itomaki

pnさん、ね?ね?どこから縫い直せばいいのかわからなくて、しばらくおあずけかも、ですが、ちゃんと仕上げて着ますよ。絶対に。
by itomaki (2017-06-11 21:09) 

madam.tomoko

アンティークというか、私もいただき物の緋色の長襦袢(しつけがついてて未着用?)気に入ってたのですが、なんと座ると、布が縦に破けてしまって。着物でなくてよかったと思ったことがあります。

by madam.tomoko (2017-06-12 21:09) 

itomaki

madam.tomokoさん、コメントありがとうございます。
着物でなくてよかったですね~。生地が切れてしまうのも困りますが、糸が解けてしまうのも困ったものです。
by itomaki (2017-06-13 21:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る