So-net無料ブログ作成
検索選択

エンジン01in水戸のシンポジウムを見ました [平和ネタ]

こんばんわ。

今日は、春一番なんか吹いちゃって、
暖かな日でした。

金曜日だけど、会社を休んで、大忙しな日だったです。はい。
でも、楽しい思い出の日にもなりました。

それは、お友達のお嬢様が来年成人式で、
一緒に振袖を選んでほしいと頼まれて、

朝早くから、父の知り合いの問屋さんの展示会に行って、
急いで帰ってきてから、

エンジン01in水戸のシンポジウムと
コンサートに行ってきたのです。

振袖の話は、楽しかったから、後でよく書きますです。

エンジン01のシンポジウムは
「明治維新は水戸から始まった!」でして、

大好きな磯田先生も出演されるので、
早々にチケットを取って、楽しみにしていました。

せっかく東京に行ったのに、トンボ帰りするくらいです。

エンジン01って何?って方は、
ネットで検索してください。なんとなくわかりますから。

DSC_0454.JPG

itomakiも、実態の分からないイベントが
かなり大規模に水戸で行われることに戸惑いつつ、

ちゃっかり参加しとりますです。へへへ。

このところ水戸の歴史について学ぶことが多く、
ブラタモリ→アイヌ文化と水戸藩→今回

ってことで、ブラタモリはさて置き、
アイヌの方は、県立歴史館での特別企画展で、

アイヌ文化と常陸の国と水戸藩の関係の講習を聞いたりして、
これもちょっと面白かったので、後で書きます。

今日の「明治維新は水戸藩から始まった!」については、
ちょっとひいき目なところもあったけれども、

地元だからそれは許してもらうとして、

とにかく、①水戸黄門(光圀)が、すごい人だったこと、
②代々水戸に城があるのに、東京勤務だったこと、

③御三家だから変なことをしても謀反にならなかったこと、
関東の中でも大きな藩校(弘道館)できたこと、

⑤天皇家と結婚したりしていたこと、
⑥お殿様の性格なども含め、そんな理由で

明治維新が始まった、としていました。


ちょっと肉付けすると、
①大日本史を書くことで、日本は中国などの

影響は受けたけれども、別の国であることを主張し、
時間をかけて広まったことで、人々が認識するようにしたこと。

よって、外国から開国を求めらた時に、
ちょっとずつ、イギリスとかフランスに植民地化されて、

藩同士の代理戦争になりそうになっても、歯止めがかかった。

②東京にいることで、いろいろ情報が入ってきていた。

③武器を持ったり練習したりしすぎると、譜代大名でも
謀反になってしまったから、本当は九州の方が武器は

持っていたけど、公にできなかった。
でも、水戸藩(と会津藩)は公然と武器を持てたらしい。

④えらく大きい藩校に遠くからお坊ちゃま達が通ってきて
勉強していたので、思想が浸透しやすかった。

⑤天皇家と結婚していたのは、かなり珍しことで、
家を存続させるためには、兄弟とかで敵味方に分かれると、

どちらかが生き残って存続できる、という考え方から、
水戸藩は天皇側に着いちゃおうって

家康に言われたとか、言われないとか・・・。

⑥理屈っぽい、骨っぽい、怒りっぽい。

ということで、徳川幕府が出来てからすぐくらいには、
明治維新の準備が始まっていた、という結論でしたよ。


でもですねー、
地震があって、リーダーたちが死んでしまったあと、

水戸藩は実務派(しょせい)と行動・理想派(てんぐ)の
派閥が出来てしまうんです。

あとはその、、桜田門のあたりでやらかしてしまって、
結局、大切な人はこの辺りで死んでしまうみたいで、

種は蒔いたけれども、実はならず、お終い、ってことだす。

ということで、水戸藩から明治維新が始まったのか?は、
ウソではないと、水戸市民としては思う訳です。



そのあとは、コンサートがあって、
とっても、とっても良くて、楽しかった~ですぅ。

オペラ歌手の中丸三千繪さんは、茨城の出身で、
会場に降りてきて、歌ってくれたんですよー。

ピアノも、バイオリンも、全部よかったです。
倍賞千恵子さんの、さくらのバラードの

朗読+歌は、涙が出てしまったし。


明日は茨大で講義がたくさんあるから、
それにも、出席して、水戸の見聞を深めてきます。

またね。
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 2

pn

ブラタモリ見たよー、面白かった♪
実にならない種、かぁ。なんかしみじみと心に沁みるのは何故だろう(笑)
by pn (2017-02-18 06:17) 

itomaki

pnさん、ホットクールさんも見てくれたよー。
水戸藩の結末はいつも悲しく終わるのだ。
by itomaki (2017-02-18 22:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。