So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

幕末に思いを馳せるピアノコンサート [平和ネタ]

こんばんわ。

また、楽しい週末が終わってしまいました。
休みの日は、あっという間に終わってしまいますが、

11月は、良いペースで着物を着れています。

昨日は、県立歴史館でピアノコンサートに行ってきました。
ピアニストは、浦山純子さん。

歴史館には、1865年製造の日本最古のピアノがあって、
時々、コンサートをするみたいなのです。

received_1481441755283384.jpeg

itomakiは、時々心の勉強として、
クラッシックとかのコンサートに行くけれど、

まぁ、上手だったとか、本当にヨカッタとかしか
表現ができず、いつも語彙の少なさに落ち込みます。

もちろん、今回も、日本最古のピアノの音色を
語ることはできませんが、感じたことがあるんです。

3曲目の「1867」とは、パリ万博が開催された年であり、
(ピアノ製造の2年後)

旋律にワクワクしたり、低い音に驚いたりして、
当時の華やかでありつつ、色々なフランスを想像できました。

でも、日本史で1867年は?
忘れていけない、大政奉還ですよねー。

大政奉還を行った徳川慶喜は、水戸藩出身だから
小学校の社会科ではその時代の勉強に時間を費やしていた気がします(笑)

開国と、尊王攘夷で揺れる日本で、
水戸でも、桜田門外の変とか天狗党とか、

時代の波にもまれていたんです。

itomakiは一応水戸っぽだから、なんとなく、水戸藩贔屓で、
「外国は怖いから開国しない」というイメージでした。

でも、「1867」という曲を聞いていたら、

水戸藩の先人達の熱い志しと、
悲しい結末を知っているから胸が痛む一方、

パリ万博の音楽の、
ヨーロッパの楽しくて軽やかなメロディに心が躍り、

外国にあこがれる娘に心が推移して胸が高鳴りました。

少しの時間だけれども、
当時の人々に思いを馳せてしまって、

「鎖国なんかしてないで、早く開国した方がいいよー」と
いう気持ちになりました。

音楽を聴いて、こんな気持ちになったことはないです。

本来なら、日本最古のピアノ演奏を聴いているのだから、
奏でる音の幅とか、奥行きとかを感じるのでしょうが、

専門的なことは、全くわからずで恐縮です・・・。

こんな近くで(写真では全体が入らないくらい)
演奏を聴くことができて、本当にうれしかったです。

DSC_1755.JPG

次の曲のショパンも、もう、うっとりです。
itomakiは、経験値がかなり上がりました(笑)。


コンサート終了後は、調子に乗って
貴重なピアノの鍵盤を触って、弾いているふり[ふらふら]

DSC_1759.JPG

いま、歴史館で催されている、時別展Ⅱの内容とマッチしているし、

tokutira-270x400[1].jpg

ピアノコンサートのチラシの見出しも
「幕末の響きを聞く PROJUCT1867」となっていたらから、

そうそう、本当にそう、とうなずけて、
とても素敵な企画だなーと思いました。

楽しかったー。

またね。
nice!(3)  コメント(2) 

立川志の八真打昇進披露落語会に行きました [平和ネタ]

こんばんわ。

あー寒い、寒い。

水戸はとっても寒いのに、
熱気ムンムンの落語会に行ってきました。

それは、このブログでも、時々紹介している
立川志の八さんの落語会です。

shinuchichirashi[1].jpg

志の八さんのことを応援し始めたのは、2013年。

だから、かれこれ3年くらい追いかけていて(?)、
オリジナルキャラクターの ↓ をマネして

DSC_0462.JPG

こんなの作っちゃったり、

DSC_0435.JPG


名前入り浴衣の端切れをもらって、
こんなの作っちゃったりして、

DSC_0042.JPG

itomakiも楽しませてもらっていた訳なのです。

このころから、itomakiのお友達が、
志の八さんの落語会の仕事を手伝ったりしていて、

少し、身近な存在であったのだけど、
この度、めでたく真打に昇進して、

ちょっと遠くに行ってしまったような気持がしています。

itomakiのお友達の営む勝田の居酒屋にも、
落語会に来てくれて、懇親会が楽しみだったし、

そのお友達が、野菜とか果物とかあげちゃったりしたから、
田舎の人は、いい人だって、思ってくれたと聞くと、

とてもうれしく思ったりしてました。

これからも、itomaki達の事、忘れないでほしいなーと、
センチな気持ちになったりしています。


さて、午後休暇を取ってまで上京した落語会ですが、
ゲストも、豪華でした。

FB_IMG_1511077025097.jpg

花緑さんの親子酒は、先月水戸で聞いたような・・で、
志の八さんの竹の水仙も、夏にひたちなかで聞いたような・・。

でもなんか、さすがに、気合というか、
心意気は、断然今回の方が上でしたが。

志の輔師匠の「のようなもの」は、とても面白かったナ。
前に茨城に来たときは「前もって言っておきますが」でした。

言葉尻をつかむのが上手いし、納得で満足。

志の八さんは、少しやせたのか、
カッコよくなっていたような気がしてなりません。

DSC_1743.JPG

 ↑ 江戸小紋写しの着物と刺繍の洒落袋帯
羽織は、母から借りたもの。

3時間以上の落語会だったので、
帰りは、終バスの1本前に乗りこんで、

なんとか、次の日の仕事に行くことができました。
職場で、ぐったりしていたら後輩に心配されたので、

ぐったりしている理由をはなすと
「20代前半の遊び方はやめなさい」と注意されました。

でも、もう1回あるのです!行かせてください[手(グー)]
今度は、披露宴[演劇]終バスの覚悟[バス]

これは、ご祝儀を持って、行ってくるつもりです。
あー楽しみ、楽しみ。

DSC_1742.JPG

またね。
nice!(4)  コメント(2) 

何をやっても大変だよね [平和ネタ]

こんばんわ。

キモノジャックが終わって、今週末になっても、
なぜか県立歴史館に通いつめています。

いちょうまつりは、まだ続いていて、
駐車場渋滞が深刻なくらい、多くの人が集まってます。

土曜日は、陽が落ちてから、銀杏のライトアップと、

DSC_1692.JPG

プロジェクションマッピングがあったため、

DSC_1698.JPG


日曜日は、組紐の先生が着物のイベントをしたことと、
着物の古着屋さんが、お店を出していたため、

DSC_1706.JPG

 ↑ うっかり買ってしまった[ふらふら]
イチジクの柄のお召・・・。

今日(月曜日)は「ブルーフォークス」という、
隣町の学校のマーチングバンドが、演奏するため、です。

DSC_1733.JPG

DSC_1732.JPG

今日は、県民の日で学校がお休みだから、
駐車場の渋滞はより深刻であろうと思ったので、

臨時駐車場に車を停めました。
itomakiのおススメ臨時駐車場は、桜山Pですよ。

桜山Pから歴史館は、とっても近いのですが、
地元の人しか気が付かない、近さなんです。

DSC_1711.JPG

桜山Pに車を停めて、線路を渡り、

DSC_1713.JPG

偕楽園公園の西門に向かって歩くと、

DSC_1734.JPG

歩くと、

DSC_1736.JPG

歩くと、

DSC_1715.JPG

歩くと、

DSC_1716.JPG

歩くと、

DSC_1718.JPG

歴史館の裏門なんです。

少し歩くと、銀杏の並木道の終点に着くのです。

DSC_1720.JPG

キレイだし、紅葉が美しいのです。
駐車場待ちがイヤな方には、穴場Pです。


日曜日に、思わず買ってしまった、
イチジクの柄のアンティークの着物は、

売っている時は「柿の柄」と言っていたけれど、
実が上を向いて成るのは、柿ではないと気が付いてしまって、

イチジクでしょ?と言っても、売り子さんは
あまりピンときていないようだったのだけど、

イチジクなんて、若い人は興味ないだろうと
思ったりしました。

イチジクは、晩夏の頃に、ばーちゃんの家の庭に
なっているような気がして、

夏休みに遊びに行くと、まだ食べれなかったような・・。

よって、この着物は、羽織に仕立て直そうと思って買ったけど、
袷の羽織では、季節がちょっと合わないと考え直して、

単衣の羽織リメイクに挑戦してみようかと。
ふふふ。


それにしても、今日初めて見たマーチングバンドは、
とにかく、すごかったです。

全国でも指折りの上位校で、
今年も、もちろん、全国大会に出場なんだって。

県立高校なのに、県外からも入学希望があるなんて、
ホントスゴイ!!

演奏には、大人げないくらい感動してしまって、
一緒に行った母と、

何をやっても、楽な事なんてないよね。
結果を残すのは、大変な努力だよね。

と、きれいな紅葉に高揚し(笑)、心洗われ、
しみじみと話しながら帰ってきたのでした。

たまには、親とそんな話もいいよね。

またね。

nice!(6)  コメント(6) 

男物ムズカシイ [着物のこと]

こんにちわ。

朝夕が寒くなってきました。
キモノジャックは無事に終了し、

キモノジャック3号さんからの連絡もなく、
なんとなく、充実感のないジャックでしたが、

銀杏の紅葉は、ほぼピークと言っていいくらいで、
昨年は、23日でピッタリピークだったから、

今年は、紅葉が早いんだねー、って着物友と話しました。

DSC_1673.JPG

 ↑ ジャックの日のコーデ
帽子とかかぶってみた(照)

会場となった歴史館では、
「いちょうまつり」のイベントは続いていて、

夜もライトアップとか、プロジェクションマッピングとか、
そんなことをしてしまうそうです。

DSC_1692.JPG

昼間も、着物の古着やさんが出店したり、
簡単着物(←itomakiの着物友)の試着会があったりと、

「県立歴史館でも、こんなことしちゃうんだー」

みたいな感じです。


えーと、最近itomakiの頭を悩ませていたのは、
男物の着物のコーデを頼まられたことで、

この方は、12月に趣味で落語会に出演するのだけど、
その時に着る着物の誂え・・・ってことになります。

itomaki世代は、とにかくお金がないから、
持っている着物の仕立て直しがメインと思っていて、

でも、男物はとにかく着丈が問題だから心配していたら、
なんと!お父様は、180cmの長身だったそうだから、

それなら、大丈夫ね!となったのです。
が・・・、

依頼主は、胴回りが100cm以上ある人だった・・。
あれ?

身丈は確かに、大丈夫なのだけど、
身幅が、全然ダメ。前が合わさらない。

なんとか、直す方法も考えたのだけど、
持ってきた着物が、茶色の紬アンサンブルで、

なんとも、舞台衣装には、地味の様な気がしたので、
新しく誂えることを提案し、

日本橋の問屋に努めている、昔の父の友に頼んで、
キング幅の反物を送ってもらいました。

ついでに帯も、コーデってことで、

5反から選んだのは、コレ↓ です。

DSC_1607.JPG


どうですか?落語家っぽいです?

羽織は、前が閉じないくても問題ないので、
裄と身丈が大丈夫ってことで、このまま使用。

とにかく、体が大きいから
仕立ても、母に頼んで特注誂えですよ。

襦袢はRAKUTENのポリ襦袢を、母がミシンで改造することに。

母が大活躍の、仕立て頼りコーデ(笑)


これほど、切羽詰まっているのに、
「普段にも着たいから、派手過ぎないもの」とか、

言われたりして、
気持ちは分かるけど、あまり欲張らないでほしいよ。とほほ。

一通り揃って、仕立てに回ったので、
あとは、待つばかり。

ホッとしたよ。
こうなっちゃえば、楽しみなのだけど。

またね。


nice!(5)  コメント(6) 

第17回茨城キモノジャックの報告 [茨城キモノでジャック]

こんばんは。

私のブログの「茨城キモノジャック」のページを開いていただき、
ありがとうございます。

本日、「県立歴史館」で行われました茨城キモノジャックが
終了しましたので、報告いたします。

FB_IMG_1509876424471.jpg

天気にも恵まれ、計画時は少し早いと思われていたいちょうも、
すっかり黄色に紅葉していました。

また、2日前にテレビ朝日のお天気中継があって、
駐車場渋滞が発生するほど、

キモノジャック以外の来館者も多く見られて
たいへんにぎやかな「キモノジャック」となりました。

DSC_1679.JPG

ご参加いただいた、10名の方、ありがとうございました。
また、開催にあたり、ご協力いただいた皆様に感謝いたします。

今回で、今年の開催は終了です。

来年の開催は、決まり次第、このブログでも紹介いたします。

FB_IMG_1509876594873.jpg

県内で、キモノジャックができそうな場所やイベント、
趣のある街並みなど、ご存じでしたら、是非お知らせください。

今年中にお知らせ頂ければ、
来年開催できるかもしれませんので、

そちらもよろしくお願いします。

またね。
nice!(9)  コメント(8) 

試薬リグロイン様 [着物のこと]

こんばんわ。

今日は、夕方から天気が悪くなって、
大雨になったから、洗濯ものが洗い直しになって、

ほんと、ひどい目にあったよ。
もう、がっかり・・。

明日は、茨城キモノジャックだから、
何を着ようかなーと、思っていて、

夏の着物ジャックのときは、
地味な着物を着てしまって、

可愛い銘仙とかを着て参加している娘が
うらやましかったから、

今度は、赤い着物で参加しようとタクラんでいます。
帽子なんて、かぶってみようか、と。ふふふ。

それと、茨城キモノジャック3号さんが、
可愛い看板を作ってくれたのをツイートで見つけたから、

IMG_20171104_113148.jpg

itomakiも、特大モンチを連れて行こうと思い、
男の子の着物を着せました。

はじめは、母のミニ着物コレクションの
裃袴を着せてしまおうと思ったけど、

さすがの母も、嫌な顔をしたので、
あきらめました。右の裃袴 ↓

DSC_1427.JPG


こんな時母は、
気前よく貸してくれることが多いのだけど、

モンチに着せるのが、面白くないのだろうと察して、
ウールの普段着っぽいモノを借りました。

DSC_1669.JPG

 ↑ 母のミニ着物着用の特大モンチ


さて、お友達からメールがきて、
着物の喪服のクリーニングの良いお店を

教えてほしいと聞かれたのだけど、
とりあえず、生洗いと、丸洗いの違いを説明して、

あとは、自分で考えてほしいと書きました。


自分の喪服の着物は、お葬式の時は9月初めだから、
絽の着物でもいいと思っていたけど、

母が単衣にするというので、汗をかくのを承知で
itomakiも単衣にして、冬物の帯を締めていまいた。

葬儀が終わったら、すぐに生洗いにだしたのですが、

四十九日の日は、10月だから、もちろん袷で、
あまり汗もかかなかったので、そのまましまうことに。

それでも、衿はファンデーションで汚れたから、
ベンジンでふき取ることにしました。

 ↓ 使用前

DSC_1629.JPG

どうですか? ↓ 使用後

DSC_1631.JPG

やっぱり、やらないよりは、やった方がいいね。。
うん。

itomakiが知っている限り、
もう、ベンジンという名前の試薬は売っていなくて、

「試薬リグロイン」を買っています。

DSC09805.JPG


これからは、尊敬の気持ちを込めて、
リグロイン様 とよばせていただきます。

またね。


nice!(6)  コメント(4) 

ママ振り袖コーデに満足 [着物のこと]

こんばんわー。

今日は、午後から冷たい雨になってしまいましたが、
午前中は、熱気の中にいました。

お友達の娘ちゃんが、いよいよ成人式の前撮りで、
着付を頼まれて、もう、ワクワクだったんす。

今年の2月ごろに、昔なじみの問屋さんの展示会に、
帯と小物を買いに行ったのですが、

いよいよ、出来上がって、本番なのですから。


振袖は、ママ振り袖なのだけど、
海老茶の無地で、1つ紋が入っていたのです。

DSC_1031.JPG

この紋は、ママの実家の紋ということですから、
嫁ぎ先の、今の家の紋に入れ直しをしました。

俗にいう、「花紋」が付いていたのですが、
これまた、問屋さんに頼んで、入れ直してもらった時、

偶然にも、20年以上前に買った着物屋さんが頼んだ同じ紋屋さん
今回、入れ直しを頼んだ紋屋さんが同じところだったみたいで、

「あ、これはウチで入れた紋です―」と言われて、
とてもビックリした、と言っていました。

DSC_1240.JPG

狭い業界なのでしょうけど、特許をとっているので、
自分でいれた紋だと、分かったみたいです。

それよりビックリしたのは、仲良しだったお友達の
嫁ぎ先の家紋が、超格式のある紋だったことで、

家柄の良さを自慢しない、素晴らしいお友達でした。はい。


それと、娘ちゃんの方が、ママより背が高いというのは、
もう、当たり前のことで、

身幅や、裄も足りないから、これまた
洗い張り&仕立て直しが必須なのだけれども、

ちゃんと手入れしておいたのにも関わらず、
ほどいてみたら、やっぱり色がやけてしまっていて、

IMG_20170414_120851.jpg

無地だから、それが、結構目立ったりして、
和裁士の母に頼んで、繰り回してもらって、

ママ振り袖のリユースも、結構大変だったけど、
じーちゃん、ばーちゃんに見せるのも、

親孝行の一つだから、少しお金がかかっても
頑張って、お直しした次第なんです。

DSC_1621.JPG

 ↑ しつけを取るママと支度をする娘ちゃん

振袖は無地だから、留袖の比翼のように、
衿下は、3枚重ね様に贅沢もどき。

袖にも同じように生地を重ねて、
襦袢も、目立つ黄色の花柄で4枚重ね。

DSC_1617.JPG

帯は豪華に幅広に着せて、
帯の織の良さが目立つように、

面とをたくさん出した文庫にしました。

衿も伊達り2枚重ね+豪華な半衿。

DSC_1623.JPG

お友達も、娘ちゃんも、満足してくれたので、
着せていて、itomakiもとても幸せな気持ちになりました。

親子で東京にかんざしを選びに行った時も
とても楽しかったみたいで、

その話も、わいわいキャーキャー、
楽しい気持ちになりました。

今回は、前撮りだから、年が明けたら、
本当に成人式だから、それも楽しみだにゃ。

お父さん、ちゃんと見てくれたかな?
立派に仕上がったと、ほめてほしかったなー。

またね。

nice!(11)  コメント(12) 

柳家花緑さんの落語会に行きました。 [平和ネタ]

こんばんわ。

落語会続きのitomakiです。

落語会も楽しみでしたが、やっぱり気になったのは
台風ですよねー。

今も、ぴゅーぴゅーザーザーと
強い風と雨の音が聞こえてきて、

なんとも表現できない不安と期待(←コラコラ)で
複雑な心境です。

明日の午前中に通過するというけれど、
案外と普通に仕事は進むことを、itomakiは学習しているから、

台風で何を期待するという訳ではないのだけど、
ワクワクしていしまうのはどうしてなのだろう・・・。

さて、そんな雨風のなか、
水戸芸術館の「柳家花緑独演会」に行ってきました。

思いがけず、チケットを譲ってもらえたので、
ラッキーって感じです。しかも、

ランチも誘ってもらえたので、
とっても、とっても楽しみにしていました。

ランチは、敷地内の中華料理やさん。

DSC_1602.JPG

 ↑ 前菜は「よだれ鳥」

よだれ鳥とは?よだれを垂らしている鳥ではなくて、
「おいしくてよだれが出てしまう鳥」なので、念のため。

DSC_1603.JPG

 ↑ かぼちゃ担々麺

これにデザートのゼリーがでましたが、
お話ししすぎて、開演ギリギリになってしまい、

急いで食べて、写真を撮り忘れました。へへ。

received_1432166996868322.jpeg


会場で花緑さんは、開演前からサイン会をしていて、
本の販売に力を入れていました(想像です)。

落語会が終わっても、すぐにロビーに降りてきて、
サイン会をしていました。

本当は、itomakiはミーハーだから、
にわかファンでも、本を買って、

一緒に写真を撮ってもらいたいのだけれども、
誘ってくれたお友達に気を使って、我慢しました。

DSC_1604.JPG

花緑さんの落語会は、今回で2回目で、
2年位前の夏に、お友達と来ていたみたいです。

その時のブログ

前座の花ごめさんは、まさかの同じ演目でした(笑)

今日のitomakiは、名もない紬と更紗の帯

IMG_20171022_182222.jpg

台風だけど、絶対濡れないで会場に着けることを
itomakiは知っているから、普通に着物で行きました。

またね。
nice!(7)  コメント(8) 

小朝&文珍 東西落語名人会に行きました [平和ネタ]

こんばんわ。

お久しぶりです。気が付けば10月で、
もう、2か月くらいサボってしまいまいた。

でも、それには、深ーい訳があって、
人生の中で、2回起らない事件があったのです。

まぁ、言い訳なのですけど、ブログを書くような気持に
ならなかった、というのが正直な所だったのですが、

いつまでも、引きずってはいられないので、

そろそろ、書こうかなと。

その事件は、少しずつ振り返りながら、
このブログにも書いていこうと思います。


さて、久しぶりに着物を着て出かけたのは、
近所の文化センターで催された、

「東西落語名人会 桂文珍 春風亭小朝」です。

DSC_1558.JPG

駐車場が混むことを予想していたitomaki達は、
2時間前に到着し、駐車場を確保し、

近くの喫茶店へ歩いてランチ。

DSC_1557.JPG

ランチ、美味しかったですぅ。
落語、面白かったですぅ。

演目は

前座  桂 竹わ    初天神(の一部)
    春風亭 小朝  皿屋敷
中入り
太神楽 柳貴家 雪之介
    桂 文珍    ??

小朝師匠は、とっても元気で、
声を出して笑ってしまいました。

時事ネタの入れ方も、ほんと絶妙で楽しかったです。

太神楽の雪之介さんは、水戸出身ということで、
頑張ってほしいなぁと、強く思います。

文珍師匠は、はじめは面白かったけど、
後半はよくわからなくなってしまいまいた。


この日のitomakiは、西陣の紬と、
唐辛子の染帯。

DSC_1553.JPG

帰る時に、itomakiの後ろにいたおばさんが、
「あ、唐辛子!」と気付いてくれたのは、いいけど、

そのあと、昨日作ったきんぴらに、
唐辛子を入れ過ぎて、辛くなったと続いたので、

ガッカリしてしまいました。そんなことあります?

そして、クリームあんみつを食べて帰りました。

DSC_1560.JPG

またね。
nice!(7)  コメント(16) 

第17回 茨城キモノジャックの宣伝 [茨城キモノでジャック]

こんばんわ。

第17回 茨城着物ジャックのお世話係を外されたitomakiです。

私のブログにある「茨城着物ジャック」のページを開いてくださり、
ありがとうございます。

キモノジャックとは、単に着物を着て決められた場所に集合し、
写真を撮って解散するだけの集会です。


質問等もお受けしますので、下のコメント欄をお使いください。


 日にち   2018年 11月 5日(日)
 集合場所  茨城県立歴史館
       水戸市 緑町 2-1-15        
 集合時間  14時~14時30分
 駐車場   敷地内の駐車場を利用できます(無料) 
     
 アクセス 水戸市観光協会のHPが分かりやすいです。
     ( ↑ リンク貼ってあります)

 その他   歴史館では「いちょうまつり」を開催中です。

received_1445720378855522.jpeg

       
↓ 昨年の写真

IMG_20161120_144759.jpg


■このイベントを開催するにあたり、事件・事故等の責任は一切負いかねますのでご承知ください。
■公園内(庭)の入場料、参加費など徴収することはありませんが、建物内の展示物を鑑賞をされる場合は自己負担となります。


県内で、キモノジャックができそうな場所やイベント、
趣のある街並みなど、ご存じでしたら、是非お知らせください。

そちらもよろしくお願いします。

またね。
nice!(5)  コメント(8) 
前の10件 | -
メッセージを送る